Research and Development
R&D Home

花王が考えるヘルスケア食品研究

 花王では、「今日をすこやかに、こころ豊かな明日をめざして」というスローガンのもと、暮らしに役立つ商品をお届けすることをめざしています。すこやかでいることは、人にとって生涯を通じた願いであり、すべての営みを支えるとても大切なことと考えています。

 人には、本来、健康を保つ力がそなわっており、健康なからだを維持しようとする力があります。これは恒常性とよばれ、生体を調節する機能と考えています。私たちはこれを“健康力“とよぶことにしています。健康力が損なわれると病気にかかりやすくなったり、心にも不調をきたします。健康力を維持することができれば、生涯を通じて心身ともに、すこやかな生活をおくることができると信じています。

 一方、食品には、3つの機能があることが知られています。「栄養」、「おいしさ」、そして「生体調節」です。人類が永く食べ続けてきた食品には、きっと健康に関わる機能があるに違いないと考え、生体調節機能を追求してきました。それが、油、お茶、そしてコーヒーの研究です。

 わたしたちは、人にそなわっている“健康力”を維持し、高めることをめざして、食品の生体調節機能に着眼したヘルスケア食品研究を続けてまいります。この研究を通じて、安全で、すこやかな毎日をお届けし、QOLの高い社会の実現の一助になればと考えています。

ヘルスケア食品研究の取り組み

花王が考えるヘルスケア食品研究
ヘルスケア食品の研究開発
ヘルスケアリサーチセンター

このページのトップへ