Research and Development
R&D Home

機能性油脂研究 ジアシルグリセロール油の有効性と安全性

 脂肪酸2本で構成された油脂ジアシルグリセロールは、1980年代から、まずは物性に着目した研究が始まり、1990年代に入り栄養特性に着目した研究が行われるようになりました。食後の血中中性脂肪の上昇抑制効果と継続摂取による体脂肪低減の効果から1998年に「エコナクッキングオイル」として特定保健用食品の表示が許可されました。商品の発売後も、ジアシルグリセロール油の有効性検証を肥満者に対する効果にとどまらず、2型糖尿病患者や糖尿病性腎症患者、小児肥満など病態に対する検証試験、動物を用いたメカニズム試験を継続的に行い、知見を積み重ねています。

 また、ジアシルグリセロール油は医薬品もしくは国際的に受け入れられているガイドラインにしたがって安全性評価試験が実施されており、急性毒性試験、遺伝毒性試験、反復投与毒性試験、長期栄養試験、発がん性試験、生殖毒性試験、加熱処理ジアシルグリセロール油の安全性試験、発がんプロモーション試験など、いずれの試験においても、一般の食用油と比較して安全性に問題は認められませんでした。

しかし、2009年6月になって花王独自の分析によりジアシルグリセロール油にグリシドール脂肪酸エステルが一般食用油に比べて多いことがわかり、厚生労働省に報告しました。グリシドール脂肪酸エステルは発がん性を含めて安全性の懸念を示す報告はないものの、分解すると発がん性が懸念されるグリシドールが生成する可能性が指摘されており、現在食品安全委員会において審議されています。

 現時点では体内での吸収、代謝、排出などグリシドール脂肪酸エステルの体内動態に関しての知見はほとんどありませんが、体内で分解して100%グリシドールに変わったと想定したときのワーストケースシナリオでのリスクを暴露マージン(MoE)で算出しました。MoEとは、動物において確認した腫瘍のできる量をヒトの推定摂取量で割って算出される値で、一般に10,000を超えると健康上の危惧は少なく、リスク管理の優先順位も低いと考えられています。ジアシルグリセロール油のワーストケースシナリオでのMoEは約250でした。酒類中のエチルアルコールや揚げる、焼く、焙るなどの加熱処理した食品で発生する、アクリルアミドなどもMoEは低いのですが、私たちはこれらの食品を日常的に摂取しており、これらを含む食品の摂取は、特に制限はされていません。ジアシルグリセロール油の安全性試験はグリシドール脂肪酸エステルを含有した状態での試験で、一般食用油と比較して安全性に問題は認められていませんが、健康への影響が不明であるグリシドール脂肪酸エステルを低減するため、2009年9月に一旦エコナ関連製品を販売中止し低減化を図る事にしました。

 現在は、失効した特定保健用食品の再申請と、早期の商品化を目指しています。これらの早期実現のために世界と共同したグリシドール脂肪酸エステルの高精度分析方法の開発や低減化生産方法の開発を行っております。

 本ホームページでは、ジアシルグリセロール油の有効性、安全性、およびグリシドール脂肪酸エステルの安全性評価の詳細内容や進捗を報告いたします。

ジアシルグリセロール油の有効性の詳細
ジアシルグリセロール油の安全性の詳細
グリシドール脂肪酸エステルの安全性評価について

このページのトップへ