塩素系漂白剤の種類と選び方はどうのようにしたらよいのでしょうか?   



































製品 タイプ 液性 次亜塩素酸
ナトリウム濃度
(製造時)
主な成分 商品特長・用途
キッチンハイター 塩素系 アルカリ性 6% 次亜塩素酸ナトリウム(製造時6%)
界面活性剤(アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)
水酸化ナトリウム(アルカリ剤)
界面活性剤を配合した塩素系除菌漂白剤です。
厨房用品の漂白・除菌・除臭に使用します。
・ふきん、おしぼりの除菌・漂白・除臭
・まな板、食器(茶碗、湯飲み、カップ、哺乳びん等)、きゅうすの除菌・漂白・除臭
・食器用スポンジの除菌・除臭
・冷蔵庫、食器棚の除菌・除臭
月星ブリーチC 塩素系 アルカリ性 6% 次亜塩素酸ナトリウム(製造時6%)
水酸化ナトリウム(アルカリ剤)
食品添加物です。
・野菜・くだものなどの除菌
・ふきん、おしぼりの除菌・漂白・除臭
・まな板、食器(メラミン食器は使えない)の除菌・漂白・除臭
・冷蔵庫、食器棚の除菌・除臭
ハイターE 塩素系 アルカリ性 6% 次亜塩素酸ナトリウム(製造時6%)
水酸化ナトリウム(アルカリ剤)
衣料用除菌漂白剤。白物せんい用です。
・黄ばみ・黒ずみの漂白。
・衣類の除菌・除臭
・ふきん、おしぼりの除菌・漂白・除臭
・食べ物、飲み物、血液、汗のシミの漂白
花王ブリーチ 塩素系 アルカリ性 6% 次亜塩素酸ナトリウム(製造時6%)
水酸化ナトリウム(アルカリ剤)
衣料用・厨房用除菌漂白剤
●クリーニング
 ・白物の黄ばみ、黒ずみの漂白
 ・おしぼりなどの漂白と除菌・除臭
●厨房用
 ・白物のふきん、まな板、ポリ製品の汚れ落としと除菌・除臭
 ・茶しぶ落とし
 ・食べ物、飲み物、血液、汗によるシミの漂白 
病院用ハイター 塩素系 アルカリ性 6% 次亜塩素酸ナトリウム(製造時6%)
水酸化ナトリウム(アルカリ剤)
除菌漂白剤
・白衣の衣類(シーツ、包帯、白衣、おしめ)の漂白、除菌、除臭
・衣類のシミ(血液、汗、食べ物、飲み物)の漂白
・台所用品(ふきん、おしぼり、まな板等)、食器(哺乳びん、乳首、茶碗、湯飲み、カップ、プラスチック製品)の漂白、除菌、除臭
・用具(ガラス、プラスチック)の洗浄、除菌
・トイレ、便器、尿瓶の除菌、除臭
   
   
   
衣料用の除菌漂白剤の種類と選び方はどうのようにしたらよいのでしょうか?   


































製品 タイプ 液性 性状 使い方 主な成分 商品特長・用途  使えるもの 使えないもの
ハイターE 塩素系 アルカリ性 液体 希釈浸漬 次亜塩素酸ナトリウム製造時6%(塩素系)
水酸化ナトリウム(アルカリ剤)
衣料用除菌漂白剤。白物せんい用です。
・黄ばみ・黒ずみの漂白。
・衣料の除菌・除臭
・ふきん、おしぼりの除菌・漂白・除臭
・食べ物、飲み物、血液、汗のシミの漂白
・水洗いできる白物せんい製品(木綿、麻、ポリエステル、アクリル)
★一部の樹脂加工されたせんい製品(ワイシャツのえり・そで口など)では、黄変することがあるので、使用量の目安を守り、2時間以上は浸さない。万一黄変した場合は、花王の「ハイドロハイター」で元に戻ります。
・毛、絹、ナイロン、アセテート及びポリウレタンのせんい製品
色物・柄物のせんい製品
・金属製の付属品(ファスナー、ボタン、ホック等の留具)がついた衣料
・獣毛のハケ
★原液を10倍に水で薄めた液を目立たない部分につけ、5分ほどで変色するものには使わない。
★せんい自体が変色して黄ばんだものは、漂白剤でも元に戻らない。
 
ワイドハイター 酸素系 弱アルカリ性 液体 希釈浸漬 過炭酸ナトリウム(酸素系)
界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)
アルカリ剤(炭酸塩)
漂白活性化剤、水軟化剤、
安定化剤、酵素配合
衣料用漂白剤。
・黄ばみ・黒ずみの漂白
・衣料の除臭
・食べ物、飲み物、汗、血液等のシミやえり、そで口の漂白(血液汚れは使用前に水で洗う)
・衣料の除菌*すべての菌を除去するわけではありません。
水洗いできる白物、色柄物せんい製品(木綿、麻、化学せんい)
★冷水よりも温水の方が早く効果が出ます
・毛、絹のせんい製品
・水洗いできないもの
・含金属染料で染めたもの
・金属製の付属品(ファスナー、ボタンフック等の留具)がついた衣料
・ポリカーボネート
★温水1Lに25gの割合で溶かしたワイドハイター溶液をめだたない部分につけて5分程度で変色するものや白布をあて、たたいて、色が移るものに使わない。
★せんい自体が変質して黄ばんだものは、漂白剤でも元に戻らない。
ビック色柄安心漂白剤 酸素系 酸性 液体 希釈浸漬直接塗布
★洗剤と一緒に使う
過酸化水素(酸素系)
界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)
アルカリ剤(炭酸塩)
漂白活性化剤
衣料用漂白剤。
・黄ばみ・黒ずみの漂白
・衣料の除菌・除臭*すべての菌を除去するわけではありません。
・食べ物、飲み物、汗、血液等のシミやえり、そで口の漂白
・ニオイの除去
水洗いできる白物、色柄物せんい製品(木綿、麻、化学せんい)
★冷水よりも温水の方が早く効果が出ます
・水洗いできないもの
・含金属染料で染めたもの
・金属製の付属品(ファスナー、ボタンフック等の留具)がついた衣料
★目立たない部分に原液をしみこませ、すぐに洗剤液をつけて5分程度で変色するものや、たたいて、色が移るものに使わない。
★せんい自体が変質して黄ばんだものは、漂白剤でも元に戻らない。
 
   
 キッチンハイターの塩素濃度を0.1%(1000ppm)または0.02%(200ppm)にする時の希釈方法または目安はどうしたらよいでしょうか? 
商品名 0.1%(1000ppm)以上  0.02%(200ppm)以上
キッチンハイター 50倍希釈
水1Lに対して20mL(キャップ約1杯)
250倍希釈
水5Lに対して20mL(キャップ約1杯)     
月星ブリーチC
ハイターE
花王ブリーチ
病院用ハイター
   
   
   
希釈液を作り置きしてもいいでしょうか?
塩素系除菌漂白剤の作り置きはおすすめしておりません。必要に応じ、その都度、希釈液を作りお使いください。
   
   
   
希釈液を市販のスプレー容器につめかえて使用してもよいですか?
希釈液をスプレーに詰替えて使用することは、おすすめしておりません。スプレーの飛沫が目に入ると危険です。
注意表示にもありますが、水や他のもの入れたり、他の容器につめかえたりすると、破裂することがあります。
   
   
   
なぜ熱湯で使ってはいけないのか? 
熱湯で使用すると漂白剤の分解が急激に起こる場合があります。また、臭いも立ち込めて気分が悪くなるおそれもありますので熱湯は使わないでください。水道水でも十分に漂白・除菌・除臭効果は発揮されます。
   
   
   
 ハイターE5kgは何リットルですか?
  約4600mLになります。