「手洗い」は仕事の一部!
すぐに始められる、手洗いの徹底方法

花王プロフェッショナル・サービスは、これまで数多くの飲食店様で「抱えられている課題」の改善について、運営管理者の方々に提案し共に取り組んでまいりましたが、その中でよく見受けられる課題が2つあります。

1.従業員様の頻繁な入れ替わりによる、不十分な衛生管理教育
2.調理、接客など業務多忙による、店舗設備と従業員様御自身についての衛生管理不徹底

この2つに共通し、とても大切な事であるにも関わらず特に不十分になりがちなのが「手洗い」。従業員様に十分に意識し続けてもらうことの難しさに加え、時間的制約が折り重なり、守るべき事が守られていないケースを頻繁に見かけます。

そこで今回は、手洗いを徹底してもらうためのノウハウを紹介させていただきます。

手洗い「徹底」への3つのポイント

1.手洗い設備環境の整備

従業員様に手洗いを徹底してもらうには、まずは手洗い設備環境を整えること。
手洗い設備環境が整っていないと、従業員様の手洗いの大きな妨げになるばかりか本来衛生を保つための手洗い場が、設備・器具等を介し菌を広げてしまう可能性があります。

2.現場の要望に合わせた洗浄剤

ルールとして決められた「手洗い」が大切と分かっていても、開店中は調理・接客業務に追われ、手洗いの時間をしっかり取ることが難しいという相談をよくお受けします。

少量でしっかり泡立ち、すすぎも早く、短い時間で従業員様が手洗いを行う事が出来る洗浄剤をご提案し改善に結び付いた事例もございました。

「手洗い」が大切と分かっていても、つい手荒れが気になり手洗いを行わない従業員様もいらっしゃいます。

炊事用手袋や、手洗い後に手指用保湿クリームを使う事が手荒れ予防には効果的な方法の一つです。管理ルールをしっかり決めた上で、店舗側でこれらのケア用品を揃えることが手荒れ予防は勿論、従業員様のモチベーションをあげることにもつながります。

3.「日常の手洗いとは違う」という意識づけ

大切な事は、ふだん自宅で行う日常的な手洗いと、プロとして飲食店の現場で行う手洗いは、「別モノ」であることを意識し続けさせる事です。

従業員様にしっかりとプロの手洗いを伝え、理解して頂き、正しい手洗い方法を実践させる。実際にお客様にご提案さしあげた一例には、新入社員配属時のような人の入れ替わりが激しい時期に、ご本人が気付いたらすぐに振り返ることが出来るハンドブックを配布するなどして、手洗いに対する意識とその実践度を高めた事案もございました。

飲食店様には、安心で安全な食品をお客様に提供する「務め」があります。
従業員様への適切な教育と実践の場・ツール・環境を通じて、正しい手洗いを徹底させ、実践させる事がその第一歩です。

花王プロフェッショナル・サービスでは、店舗が抱える様々な課題に対して数多くの現場調査経験より導かれた衛生管理ノウハウに基づいてお客様に最適な改善方法をご提案させて頂きます。

衛生のプロの目で現場を診断します

現在のお店の衛生状態や、清掃作業などのオペレーションを診断することで、具体的な課題やコスト削減のポイントを洗い出します。お気軽にご相談ください。

ソリューションのご相談はこちら

ソリューション

衛生管理にまつわる悩みを解決します。衛生管理トータルソリューション

お客様に「また来たい!」とおもっていただける「心地よいお店づくり」を徹底した衛生管理でトータルサポート!
安心・安全のご提供とコスト削減とともに実現。
続きを見る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは 03-5630-7141 へ

ページトップへ


Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group