Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

愛犬と暮らす生活事典

 

グルーミング

ブラッシングのコツ

少しずつブラシに慣らしていく

 ブラッシングには、毛をとかして見た目を整えるだけでなく、ほこりや汚れを取り除いて体を清潔にし、皮膚をマッサージして血行をよくする効果もあります。健康チェックとスキンシップのひとときとして、毎日のブラッシングを習慣づけましょう。
 ブラッシングは、子犬のうちから徐々に慣らしていきます。最初の頃はブラシを使わずに、やさしく声をかけながら、犬が喜ぶ首や胸をなでます。リラックスしてきたら、背中や頭、顔、肢を順に触り、口のまわりや耳、足先、しっぽなど、犬が嫌がるところをやさしくなで、ほめてあげましょう。
 触られることに慣れたら、ブラシやコームの感触に慣れさせながら、ブラッシングをします。力が強すぎたり、無理に引っ張ったりして痛い思いをさせてしまうと、ブラッシング嫌いになってしまうので、最初は無理をせずに短い時間から始め、毎日少しずつ時間を延ばします。

ブラッシングに必要な道具

 犬用のブラッシングの道具には、いくつかのタイプがあります。被毛のタイプやペットの好みに合ったものを選んで使い分けましょう。

<スリッカーブラシ>

曲がった細い針金がついていて、抜け毛やもつれ毛を効果的に取り除くことができます。皮膚に当たると痛いので、力を入れすぎないように注意して、手首を動かしながら軽くとかします。長毛種向き。
 
 

<ピンブラシ>

毛先が丸く、針金が太いので、被毛や皮膚を傷つけません。長毛種や短毛種向き。
 
 
 

<ラバーブラシ>

とかす部分がゴムでできていて、浮いた抜け毛を絡めとります。皮膚のマッサージ効果もあります。グローブタイプのものもあります。ブラシの歯は短いので、短毛種向きで長毛種には不向き。
 

<獣毛ブラシ>

毛づやをよくする効果があります。短毛種向き。
 
 
 
 

<コーム>

金属製のクシ。ブラッシングをした後に、コームでとかして仕上げます。粗目と細目の両方を備えたタイプが便利です。
 
 
 

犬種別お手入れ方法

 ブラッシングはスキンシップのためにも、毎日行うのが基本です。春と秋の換毛期は抜け毛が多いので、とくに念入りに行いましょう。

<滑毛種の場合>

パグやドーベルマンのように、なめらかで短い毛をもつ犬はお手入れも簡単。まず、ラバーブラシなどで毛の流れに逆らってとかして抜け毛や汚れを落とし、次に獣毛ブラシで毛の流れに沿ってブラシをかけて整えます。

<短毛種の場合>

コーギーやラブラドール・レトリーバー、柴犬のように、やわらかい下毛と上毛をもつ短毛の犬は、スリッカーやピンブラシで抜け毛をとり、もつれ毛をほどきます。毛を手でかき分けながら、毛の流れに沿ってとかし、コームでとかして仕上げます。

<中・長毛種の場合>

長毛種はスリッカーやピンブラシでていねいにとかします。ヨークシャー・テリアやマルチーズなど、絹のように細く長い被毛の犬は、とくに毛がもつれて毛玉ができやすいので、念入りにブラッシングします。毛先がとけていても根元のほうが固まっていることがあるので、毛をかき分け、毛の流れに沿ってとかした後、コームで仕上げます。コリーやシェルティ、ポメラニアンのように、長い上毛と密集した下毛がある場合は、スリッカーやピンブラシなどで下毛の抜け毛をしっかり取り除き、毛の流れに沿ってコームで整えます。

毛玉は少しずつほどく

 長毛種では、わきの下やお腹、後ろ足のまわりなど体が擦れるところや、耳の後ろや顔のまわりなど犬がよくかくところは毛玉ができやすいので、日頃からしっかりブラッシングしましょう。
 もし、毛玉ができてしまったら、コームとスリッカーで、ていねいに少しずつほぐしていきます。無理にほぐそうとすると犬はとても痛がるので、決して無理に引っ張ったりしないでください。毛玉が大きくなり、フェルト状に固まってしまうとほぐれなくなるので、犬の皮膚を傷つけないように注意しながら、ハサミやバリカンでカットします。毛玉がひどい場合は、トリミングサロンなどでケアをしてもらうとよいでしょう。毛玉は皮膚炎などの原因にもなりますので、毎日のブラッシングでしっかりケアしてください。

このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group