Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

生活全般

飼い主を怖がる

9カ月の雑種(名前:まめこ/メス/避妊済み)です。私を怖がりすぎて困っています。小さい頃からあまり人なつっこくなかったのですが、たまには寄ってくることもありました。でも、最近は私が帰宅したときにエサをねだるように足元に何回か頭をこすりつけるくらいで、エサを食べたあとは、私が近づくだけで走って逃げます。前に一度(まだ今ほど私を嫌ってなかったとき)、抱っこしたときに、私を蹴って逃げたのがあまりにも痛くて、つい大声で怒って、無理やりつかまえて、爪を切ったことがあったので、それが怖かったのかなと思い、反省しています。どうやったら仲直りできるのでしょうか。(かなこたさん)

人間とは、距離を保って生きていきたいタイプなのかも。

 猫は父親の性質を強く受け継ぐと考えられています。小さい頃からあまり人なつっこくなかったとすれば、父猫がそういう性質で、まめこちゃんは、人間とはある程度距離を保って生きていきたいタイプの猫なのだと考えましょう。まめこちゃんは、基本的に、長い時間の抱っこや愛撫はあまり好きではないのです。仲直りをするためには、絶対に無理をしないことが重要です。

時間をかけて、怖くないことを教えていきましょう。

 幸い、かなこたさんがそばにいても、フードは食べにくるようなので、お腹がすいているときに、フードを手から与えてみてください。お考えのように、前にあった事件は、まめこちゃんにとって、大変怖い経験だったと思います。じっくり時間をかけて、かなこたさんが怖くない存在であることを今から教えていくことが大切です。
 野良猫を保護した場合でも、はじめは食事をそっとケージの中に入れることからはじめ、環境に少しずつ慣れてきたところで、徐々に手から食事を与えたり、指のにおいをかがせたり、少しだけ鼻先をこすってみたりして慣らしていきます。ポイントは、「シャーッ」という前にやめることです。

リラックスできる隠れ場所を用意することも大切。

 一緒にいるときの様子もよく観察しましょう。もしも隠れているようなら、飼い主さんに対してだけでなく、部屋にもまだ慣れていない可能性があります。この場合は、隠れ場所をたくさん用意してあげてください。
 抱っこしたり、膝でなでたりできるようになるのは、一緒の部屋にいるときに傍でリラックスできるようになってからです。じっくりと時間をかけて頑張ってください。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院院長 内田 恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group