Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

生活全般

引っ越しで外が見えなくなる

5歳7カ月のロシアンブルー(名前:ボン/オス)です。ボンは完全室内飼いで、とてもおとなしい従順な猫です。もうすぐ引っ越しするのですが、引っ越し先の窓はすべて曇りガラスで、外が見えなくなります。ボンは昼間、外を眺めるのが大好きな猫です。外が見えなくなって、楽しみがなくなれば、ストレスを強く感じて病気になったりしないか心配です。採光はよいので、日光浴は十分できると思うのですが‥‥。気をつけるポイントがあれば教えてください。(ボンのママさん)

他のことに関心を向けさせて、ストレス軽減を

 ボンのママさんのおっしゃるとおり、ストレスは猫の行動や体にいろいろな影響を及ぼします。異常の徴候としては、食欲不振、元気がなくなる、腹痛、過度の毛づくろい、攻撃行動などの症状が見られます。これらの異常が現れてくる前に、原因を取り除いてあげられればよいですよね。
 外が見られなくなることに関しては、他のことに関心を持てるようにして、ストレスを軽減させてあげればよいのではないでしょうか。
 たとえば、今までよりも遊び時間を長くしてあげたり、日中人がいないのであれば、動くオモチャを買ってあげたり、また、一人でも楽しめるようにキャットツリーを与えるなどしてもよいと思います。まだ使ったことがないので、効果のほどはわかりませんが、猫用のビデオも市販されていますよね。

引っ越し自体のストレスにも配慮して

 猫は、基本的に環境の変化を嫌いますので、それ自体がストレスになってしまうかと思います。少しでも緩和してあげるために、引っ越しの際はペットホテルに預けるなどして、お部屋の環境が整ってから迎え入れてあげてください。
 この場合も、家具の配置などをなるべく変えず、元の家と似た環境をつくってあげたり、安心できる隠れ家をつくってあげたりするとよいでしょう。また、環境への安心を促すフェロモン製品も動物病院で入手できますので、使ってみてはいかがでしょうか。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院 獣医助手 大石 節子さん)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group