Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

その他 健康管理

排泄でお尻が汚れる

2カ月のメス猫、避妊はしていません。便がいつもコロコロの状態で、排便後、たまに丸いボールのトイレ砂がくっついていることがあります。乾いているのか、取ってやるとたいへん痛がり、2回目の時には赤くただれていました。排便後、おしりを拭いてもきれいなことが多いので、拭くのをやめていたのですが、放っておいても大丈夫でしょうか。(さくママさん)

デリケートな肛門周り

 猫はグルーミングの一貫として自分で肛門周りも舐めてきれいにするので、拭いてあげる必要はありません。肛門周りの毛の生えていない範囲は、組織が直腸粘膜からの続きでデリケートになっていますから、柔らかい布を使っても拭き過ぎれば容易に擦過傷ができて炎症が起こります。ペットのお尻周りというのは飼い主さんにとって気になる部分らしく、肛門腺の絞り過ぎや排便後の拭き過ぎで、肛門が赤く腫れて痛みを起こしてしまったというケースがよくあります。よほどの軟便か下痢でお尻が汚れている場合はぬるま湯で洗い流し、柔らかい布やティッシュで軽く抑えるようにして水分を取り乾かす程度で十分でしょう。

お尻周りの扱いは慎重に

 さくママさんの猫ちゃんは便が硬くコロコロしているということですから、便が柔らかいせいでお尻が汚れるというよりは、排便時の姿勢のクセか、まだ小さいために上手にトイレが使えずお尻に猫砂が付いてしまうのかもしれないですね。おっしゃるように乾いた状態の砂をベリッと剥がすと傷になってただれてしまいますから、排便直後のところをみつけたら、乾く前に軽く払って取ってあげるか、もう乾いてしまっているなら、ふやかしてから取ってあげてください。また猫は、グルーミングする際にお尻周りに付いた猫砂を舐めてそのまま飲み込んでしまう子と、上手にペッと吐き出す子に分かれます。後者であれば、人為的に常にお尻の猫砂を取ってあげなくても害はないと思います。
 猫は動物種の特性として便秘体質の個体が多いですから、2カ月で硬い便をしているさくママさんの猫ちゃんも要注意です。現在、消化吸収の良いキトン用フードを与えているのであれば、その影響で便量が少なく、硬めになるということも考えられます。成猫になっても便秘がみられるようなら、ケアしてあげる必要がありますから、そちらに関しては過去の質問「便秘がひどい」を参考になさってください。

(回答:苅谷動物病院 市川橋病院 溝口時子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group