Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

その他 健康管理

鼻血の原因がわからない

6歳のチンチラシルバー(メス)です。今年1月に、くしゃみとともに、鼻血(赤黒いかたまり)を出しました。病院に連れていったところ、原因がわからず、止血の薬をいただきました。その後、何ともなかったんですが、最近またまた同じ症状が出て、違う病院に行きました。そこでは、レントゲンを撮って見ていただきましたが、腫瘍らしきものは写っておらず、やはり、これといった原因はわからずじまいです。最初の病院で、鼻血も検査しましたが、何も出てきませんでした。食欲はいつもと同じで、よく食べます。4月に引っ越しをしたので、まだ慣れないせいか、運動量は少し減っているように思います。便の検査でも異常はありません。現在2回めの病院でいただいた薬が効いているのか、くしゃみと鼻血の方は減っています。でも、心配で仕方ありません。(大阪府大阪市 マオマオさん)

鼻水や膿性の鼻汁が日常的にないか?

 今年1月にくしゃみと鼻血が出たということですが、ふだんは鼻水や膿性の鼻汁を排泄していませんか。猫では、若齢期に持続的に上部気道感染症にかかり、慢性副鼻腔炎となったために、鼻汁やくしゃみの症状が一生治らないことがあります。主な原因には、上部気道感染症のヘルペスウイルスが挙げられています。ペルシャ、ヒマラヤン、シャムで発症率が高いといわれていますが、多くの場合、猫のブリーダー内での多頭飼育やストレス、子猫の時からウイルスに常時さらされていることなどが原因となります。
 引っ越しというストレスもあったようですが、愛猫には慢性副鼻腔炎の症状はないでしょうか。もしあれば、ストレスによる一時的な悪化と考え、抗生物質治療を積極的に行います。

出血を頻繁に繰り返すときは、大学病院へ

 感染症がなく、鼻血があったとすると、鼻粘膜の外傷、血が固まりにくい病気、腫瘍、歯の病気を考えなくてはなりません。感染に関連する風邪の症状や、歯から来るものであれば、鼻血に白血球、細菌などが見られることもあります。腫瘍の場合でも、鼻血に腫瘍細胞が見られるときはかなり進行していると考えられます。現在、健康で身体検査で問題なければよいと思いますが、まず出血傾向がないか、血液検査で確認するのもよいでしょう。外傷の可能性(例えば、かゆみや痛みがあって、常時鼻を気にしてこすっているなど)がないか、口腔内に歯の病気がないかも併せて調べましょう。
 レントゲン検査を受けられたとのことですが、レントゲンとは基本的に骨格を診るものなので、軟部組織腫瘍だとすると、相当大きくなって、骨を吸収するような状態にならないと確認はできません。先生はきっと「現時点では骨の変形や異常はないので」と言われたのだと思います。食欲も便検査も異常なく、元気ですごしているのであれば、現在の治療を続けられることをおすすめしますが、今後何度も出血を繰り返すようならば、大学でCTやMRIなどの検査を受ける必要があるでしょう。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院 院長 内田 恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group