Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

グルーミング

高齢猫の口臭が気になる

今年で家に来て10年目になる元野良猫です(最初は子猫でした)。ここ数年、特に1年ぐらい口臭が本当に気になります。病院で薬や注射の治療を受けてもなかなか改善されず、 猫本人もしんどいのではないかと心配しています。臭いは何とも言えない悪臭で、よだれも出て周りにあるインテリアの布製品がよだれでカピカピになってしまっている状況です。もう高齢なので無理はさせたくないし、歯磨きなどは本当に嫌がるので難しいのですが何か良い治療方法はありますでしょうか? 予防方法や老猫に無理が無い薬などがあれば是非教えてください。(ニャンコ★さん)

猫に多い口腔内疾患

 猫の口腔内疾患は大変多く、比較的若い年齢から歯肉炎や破歯細胞性吸収病巣(歯の内部から吸収されて歯が壊される病態)が見られます。また、口内炎はウイルス疾患との関連が深く、猫エイズウイルスや白血病ウイルス、風邪のウイルスであるヘルペスやカリシウイルスが問題となります。歯の問題以外にも、口峡部(扁桃腺のあたり)に見られるリンパ球形質細胞性歯肉口内炎、好酸球性潰瘍など複雑な病気が沢山あります。

かかりつけの病院で、外科的治療法も相談を

 現在よだれも出ていて、口臭がひどいのならば、口腔内に潰瘍があったり、細菌の過剰増殖が見られると思います。状態にもよりますが、歯が残っているようならば、全抜歯をした方が良い場合もあります。猫にとって10歳は確かに高齢ですが、寿命が延びてきており、まだまだがんばれる年齢と思われます。高齢と諦めずに是非かかりつけの先生と相談して、外科的歯科処置を考えてみるのも良いと思います。
 予防法や内科的治療法としては、やはり定期的な抗生物質の投薬、状況によりステロイドによる消炎治療、ラクトフェリンなどの酵素薬を口腔内に散布したり、痛み止めを使用します。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院 院長 内田 恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group