Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

グルーミング

常にどこかが脱毛している

我が家の5歳の猫(雑種/メス/避妊済み)は、グルーミングのしすぎで、常に体のどこかが、はげています。獣医さんからは「神経質な猫なのかなぁ、そんなにストレスありそうなの?」と言われてしまうのですが、今は右脚の外側がツルツル。 「ミニスカートはいてる?」という感じです。もともと飼い猫が捨てられたようなのですが、なつかれて3年前から室内飼いしています。最初に見た時は、お腹がツルツルでした。我が家は夫婦2人で、猫を飼うのは初めてなので、飼育書もいろいろ読みましたが効果がなく、悩んでいます。 (えこさん)

アレルギー性の皮膚炎が関与していることも

 過剰グルーミングで出来る神経性脱毛は、脱毛する場所がほぼ決まっています。下腹部、後背部、太ももの後ろ側です。しかし、多くの場合はアレルギー性の皮膚炎が関与しています。両目の上にかさぶたや毛が薄い部分はありませんか。ノミ予防はしていますか。もしも、ステロイド剤を飲むことで、この病変が落ち着くようならば、なんらかのアレルギー性皮膚炎の可能性が強いようです。この場合ははじめは飲み薬で治療をしますが、アレルギーの元となる物を確定し、これをなくすようにします。ノミアレルギーであればノミ駆除と予防を、食事に関連していればアレルギー用の食事を与え、花粉やハウスダストに関連しているようなら、ベランダなどに出さないようにし、こまめに身体を拭いたり、シャンプーをします。神経性の過剰グルーミングの場合は、抗不安薬を投薬します。いずれにしても詳細な診断はホームドクターにお願いしましょう。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院 院長 内田 恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group