Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

グルーミング

胃に毛がたまり苦しそう

毛が長い猫なのですが、最近、毛玉が体の中にたまっているらしく、とても苦しそうにしているときがあります。草を食べさせたりしていますが、体の中にたまっている毛玉を、うまく吐き出させる方法はないでしょうか。(神奈川県川崎市 モモさん)

まずは、消化管に毛をためないこと。

 長毛の猫の場合は、毎日ブラッシングして、むだ毛を抜いておかないと、グルーミングした毛が、胃の中にたまってしまい、うまく吐き出せずに具合が悪くなります。こんなトラブルを防ぐためには、まず、毎日のブラッシングでむだ毛を取り除き、毛が消化管内にたまらないようにすることが大切です。猫の毛は一年中生えかわっていますが、とくに、春から夏にかけてや妊娠中、栄養不良のとき、急性の消化器症状やアレルギーを起こしたときなどに、抜け毛は増えます。抜け毛が多いときは、いつもより丁寧にブラッシングしてあげましょう。
 ブラッシングを怠って、猫のからだに毛玉ができてしまっているときは、プロにお願いして、一度きれいに整えてから始めるのも一案です。また、冬の乾燥した時期は、ブラッシングで静電気が起きたり、乾燥のために引っかかったりしやすいので、猫が痛い思いをしないように、被毛のコート剤やリンスを使って、ブラッシングしてあげてください。

消化管内の毛を体外に出すために。

 モモさんのお便りでは、毛を吐き出させるために、草を与えているということですが、確かに猫はある種の草を、天然の催吐剤として利用しているようです。有毒な物質が付着していない草や、食べても中毒を起こさない植物であれば、食べても害になることはありません。しかし、草を食べることで嘔吐が長く続き、吐き出したものに血液が混じるようなら、ただちに獣医師にご相談ください。
 ただ、体内にたまった毛は必ずしも吐き出させる必要はなく、便と一緒に排泄されることもよくあります。長毛で、つねに多量の毛が飲み込んでいる場合には、市販の流動パラフィンを主体とする薬を与え、毛を便と一緒に体外に出すのも、ひとつの方法です。
 それから、モモさんのお便りでは、猫が苦しそうにしているということですが、毛玉を吐こうとして苦しそうにしているのでしょうか。胃の内容物を体の外に吐き出すときは、健康な猫でも苦しそうに、鳴き声やうめき声を出すことがあります。しかし、このとき、お腹を地面につけ、じっとうずくまっている場合は、呼吸器の病気の恐れがあります。また、猫は他の動物に比較すると、吐くことが多い動物ですが、毛玉以外にも、胃の障害などが原因で吐くこともありますので、様子がおかしいときは、かかりつけの先生の診察をお受けください。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院院長 内田 恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group