Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

グルーミング

毛づくろいをしなくなった

10歳のオス猫です。このごろ、目ヤニをつけたままにしていることが多くなりました。目の病気ではなさそうです。また、毛づやも悪く、汚れて固まりになっているところもありました。よく観察してみると、グルーミングがめっきり減っています。ものすごくきれい好きで、気がつくと毛づくろいしている猫だったのに、今はほとんどしなくなってます。歳のせいで、仕方ないのでしょうか。これまではお風呂に入れる必要性を感じたことがなく、本人も大嫌いなので、入れていませんでしたが、時々シャンプーした方がよいのでしょうか。(北海道札幌市 さちこさん)

毛が団子状に固まってしまう

14歳のメス猫です。うちの猫は避妊手術以外、動物病院に連れていったことがありません。前々から太りだしていると思っていたのですが、大丈夫だと思っていたところ、最近、背中の一部の毛が団子状に固まって洗ってもとれません。のりでくっつけた状態になっています。その固まりがどんどん広がってきています。くしでとかしてもダメです。どうしたらよいのでしょうか。(大阪府大阪市 とんさん)

しなくなった原因があるはず。

 猫にとってグルーミングとは、体の表面についた汚れや虫を取り去ったり、古くなった毛をなめ取って、毛並みを整えたりするためだけのものではありません。唾液を使って、被毛に湿気を与えて蒸発させることで、体温調節も行っています。また、恐怖や困惑した気持ちを静める鎮静剤のような役割を持っています。ですから、これまでグルーミングをしていたのにしなくなったとしたら、何か理由があるはずです。原因を気づいてあげてください

病院で健康診断を受ける。

 さちこさんの場合、これまできれい好きだったのに、体の汚れを気にしなくなったのは、体調が悪いことを示しています。体がだるいので、これまでできていたグルーミングができなくなったのです。年齢から考えて、腎不全や肝不全、あるいはその他の病気も考えられます。とにかく病院で、全身的に検査を受ける必要があるでしょう。

毛玉にはハサミで切り込みを。

 とんさんの場合、愛猫は肥満ぎみとのことですが、太りすぎで部分的に頭が届かなくなり、グルーミングができなくなったりするケースもあります。愛猫は長毛種でしょうか。毛玉は、ハサミを入れると取りやすくなります。ハサミの刃の方を外側に向け、背側を皮膚の方にします。毛玉の下にハサミをすべりこませ、固まりに切り込みを入れ、その後、金くしを縦に使ったり、横に使ったりすると、固まりでも取ることができるでしょう。
 それでもだめな場合は、ペット用のバリカンをご用意ください。比較的安価で購入できます。毛玉をつけたままシャンプーを繰り返していますと、毛玉がどんどんマット状に広がり、全身の毛を刈らなければならなくなります。早急に毛玉取りをしてあげてください。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院 院長 内田 恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group