Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

食事

フードの適量がわからない

1歳のメインクーン(メス)です。避妊もすませています。現在、体重が5.5kgです。見た目がぽってりしていて、肥満傾向にあるように思えます。一般的な食事の量はペットフードのパッケージに記載されているのですが、種類としての適度な量がわかりません。現在は、ドライフード80gを2回に分けて与えていますが、常におなかを空かせているような状態です。近隣にはメインクーン種を知る獣医さんがおらず、相談もできませんので、ここにご相談申し上げました。よろしくお願いします。(mocさん)

定期的に体重測定をして、食事量を決めましょう

 CFA(愛猫協会日本支部)では、平均体重をオスでは6~8kg、メスで4~6kgとしていますが、去勢したオスでは10~12kgも珍しくありません。
 mocさんの愛猫は、1歳のメインクーンで体重が5.5kgということですが、これが適正な体重かどうかは、その猫その猫の骨格によって異なります。肋骨がわずかに脂肪で覆われて、触れるくらいでしたら、適正体重です。
 避妊手術を受けているメスの食事量は、未避妊のメスよりも30%減量するのが基本です。ただし、猫の食事量には不明な点も多く、個体によって体重の増減がかなり異なると考えられていますので、つねに体を触り、体格を確認し、体重測定をしながら量を決定してください。とくにメインクーンは成長期間が長く、3~5年もかかると考えられているので、体格や体重測定のチェックは定期的に行いましょう。

食事以外の要求の可能性もあります

 最近、室内で生活する猫の肥満が多いと考えられており、本来の猫の食事習慣が見直され始めています。猫は本来独立して生活する動物ですが、屋内の狭い環境で刺激も少なく生活していると、運動量も少なく、必要カロリーも少なくなります。また、子猫を保育中の母猫集団以外は食事を共用することはなく、食事は愛情やコミュニケーションの道具ではないそうです。
 常におなかを空かせている状態とお考えなのは、食事をほしがって鳴く、あるいは要求をするということでしょうか。もしかしたら、食事以外の要求の可能性もあります。たとえば、要求があったときに毎回食事やおやつをあげていると、猫が「食事=コミュニケーションの道具」と学習し、強化されてしまう可能性があります。
 要求には、「狩りを教えて」「遊んで」「なでて」などなど、いろいろな意味があるかもしれません。ただお皿から食事を与えるのでなく、狩猟能力を満足させるような与え方(何かで隠してほじって見つけさせる、タンスの上の箱からみつけさせるなど)をしてみてください。あるいは、食事を与えるのではなく、猫じゃらしで遊んであげたり、ボールや猫のおもちゃを与えたりするのも効果的かもしれませんね。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院院長 内田恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group