Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

生理・発情・避妊・去勢

発情して激しく鳴く

約13歳のオス猫です。数カ月前に、交通事故で瀕死の状態の猫を保護し、手を尽くして治療をしたおかげで元気になったのはうれしいのですが、数週間前から発情し、外の世界が恋しくて、毎夜毎夜、今では昼夜関係なく、激しく声がかすれてしまうまで鳴いています。当初、生命の危機もあり、去勢はしていません。多頭飼いをするとよいのか、去勢をすると落ち着いてくれるのか、獣医の先生と悩む日々です。何かよい手があれば教えてください。(キータンさん)

まずは健康診断を!

 発情が原因のものであれば、去勢手術は有効な方法の一つと考えられます。現在、体調に問題がないのであれば、去勢手術を受けられた方がよいかと思います。猫は高齢になると、腎臓などの病気もでてきやすくなりますし、麻酔の危険性もありますので、かかりつけの動物病院で、術前に血液検査、尿検査を含む愛猫ドックをしてもらって、健康状態をしっかりチェックされることをおすすめします。
 また、過度に鳴くという行動は、発情以外に、甲状腺機能亢進症や高血圧症、ストレスなどが原因の場合もあります。飼い主さんの関心をひきたかったり、引っ越しなどによって、猫の日課が急激に変化した場合にも起こることがありますので、完全室内飼育に環境が変わったことも影響しているかもしれませんね。
 ただ、キータンさんの愛猫は、すでに13歳ということですので、行動として学習してしまっていると、去勢手術で行動を軽減させることはできると思いますが、完全に止めさせることはむずかしいということを理解しておいていただいた方がよいと思います。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院 獣医助手 大石 節子さん)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group