Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

生理・発情・避妊・去勢

避妊手術で注意することは?

今、4カ月の子猫の姉妹がいるのですが、6カ月になったら避妊手術をさせようと思っています。2匹一緒に手術をしてもよいのか、そのときどんなことに気をつければよいか、教えてください。(東京都国分寺市 あじさん)

多頭飼育の場合、月齢が同じなら、一緒に手術を。

 メス猫の避妊手術は、全身麻酔をして、左右の卵巣と、そこからつながる子宮角、子宮体部と膀胱の背側に位置する子宮頸管部までを摘出する手術です。オスの去勢手術と異なり、メスの場合は全身麻酔をして、お腹の中を開けるわけですから、獣医師としては、手術前に、全身の身体検査はもちろん、全般的な血液検査、尿検査、猫白血病、猫エイズ検査を受けていただきたいと考えています。
 手術を受ける時期については、アメリカのシェルター(保護動物の管理所)の研究によると、3カ月齢を過ぎていれば、体格的には、その後の成長に影響を及ぼさないことがわかっています。むしろ、性成熟に達する前に手術することは、ウイルス感染の予防、あるいは望まれない子猫が生まれないようにするためにも必要なことです。
 2匹一緒に手術をしてもよいかというご質問ですが、あじさんの場合は、2匹の月齢が同じですし、できれば、“2匹一緒”に手術をするのが理想的です。複数の猫が同居している場合、いつもすべての猫が一緒に動物病院に行くとは限りません。しかし、猫のうちの1匹が動物病院に入院して、家の中の力関係がくずれると、攻撃や抗争が誘発されることがあります。また、退院して帰ってきた猫が、麻酔後で動きが鈍かったり、消毒液や他の動物のにおいをつけていたりすると、他の猫の攻撃対象となったり、急に仲が悪くなったりすることがあります。このようなトラブルを防ぐために、避妊手術はできるだけ2匹一緒に行うことをおすすめします。

手術を受けるときに注意する点は?

 避妊手術を受ける前の注意事項は、動物病院によって多少異なりますが、当院では原則として、手術前12時間以上の絶食をお願いしています。前日の18時以降は(飼い主の方の帰宅時間や都合により多少異なりますが)、食事を控えていただき、水は当日の朝から飲ませないようにしてお連れいただいています。手術後は、メスの場合、傷口を保護するために、腹帯をしたり、バンテージをすることがあります。退院の許可も病院により異なりますが、手術当日退院した場合は、手術を受けた時間により、その日の食事や水の与え方が変わりますので、かかりつけの先生の指示にしたがってください。1~2日は元気がなかったり、食欲がないこともありますが、たいていの場合、2日もすれば元気に回復します。
 退院時には、いつも使用しているケージをお持ちいただき、お家に帰っても、すぐにケージから出さずに、落ち着いてからケージの入り口を開け、自分から出てくるまでそっとしておき、徐々に慣らすようにしてください。
 抜糸は、糸の種類によって異なります。吸収性の糸を使用し、埋没縫合を行っていれば、抜糸はありませんし、非吸収性の糸を使用していれば、約1週間後に抜糸となります。いずれにしても、心配なことがあるときは、手術の前に、かかりつけの先生によく相談するようにしてください。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院院長 内田 恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group