Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

排泄のしつけ・スプレー行為

布団の上でおしっこする

11カ月のミックス(メス)です。生後2カ月くらいの時に、拾ってきた猫ですが、トイレでちゃんと排泄するようになったので、ベッドで一緒に寝ると、布団の上でおしっこをします。トイレは、ベッドの1mほどのところに置いていました。あまりにも布団の上でおしっこをするので、3カ月ほど寝るときだけ一部屋で寝せて、その時期に去勢手術もしております。その部屋にあるコタツ布団や座布団にはおしっこしなかったので、先週、ベッドで一緒に寝ました。3日ほどは何事もなく経過したのですが、とうとうベッドの布団におしっこをされてしまいました。どうすれば、布団の上でおしっこをしなくなるでしょうか。(のじ子さん)

スプレー行動か、不適切な排泄行動かを見極める

 トイレ以外の場所での排尿行為は、スプレー(マーキング)行動と、不適切な排泄行動の2つに大きく分けられます。それぞれの行動は、排泄場所、姿勢、排尿量などで区別することができます。スプレーと不適切な排泄行動では、解決の方法が異なってきますので、どんな場所でしているのか、布団の上だけでなく他の場所でもしているのか、いつしているのか、いつごろからしているか、なども考えて見てください。

スプレー行動の場合は?

 スプレー(マーキング)行動では、多くの場合、立位(立ったまま)で少量の尿を垂直面や決まった場所(目立つ場所や外との境界線)にかけ、通常の排泄時にはトイレを使用します。縄張りの主張やメス猫へのアピールの意味もあるので、未去勢のオス猫に多く見られ、去勢手術によって治まることが多いようです。多頭飼育の場合や強い欲求不満の起こっている環境条件では、メス猫や去勢済みのオス猫でも行うことがあります。
 対策としては、オスの場合は去勢手術をすること。それでも治まらないときは、スプレーされてしまう場所に、安心を促すフェロモン剤を散布したり、そこにスプレーしたときに天罰が下るような工夫(水鉄砲でびっくりさせるなど)をして、そこで排泄するのが嫌になるようにするのが効果的です。

不適切な排泄行動の場合は?

 不適切な排泄行動の場合、座位(座った姿勢)で、排泄量は多量です。対象の場所は、猫によってまちまちですが、好みの場所で行います。通常、トイレは使用しなくなります。排尿だけでなく、排便もトイレ以外の場所でしてしまうことが多く見受けられます。
 対策としては、トイレの素材や数、置き場所、掃除回数などを見直すことが必要です。トイレが汚れていたり、トイレ砂の素材や場所が気に入らなかったり、寝床とトイレが近すぎたり、トイレの付近に人通りが多かったりすると、トイレを使うのを嫌って別な場所でしてしまうことがあります。トイレは、人通りが少なく、静かに落ち着いて排泄できるところに置き、こまめに掃除しましょう。また、多頭飼育の場合は、猫の頭数分、トイレを用意してください。

ビニール製のベッドカバーで覆うなどの予防策を!

 もしお留守の間に布団に排泄しているのであれば、その間は寝室に入れないようにするか、ベッドにビニール製のカバーをかけるようにするとよいでしょう。猫は軟らかいものを掘って排泄をする習性がありますので、ベッドをカバーで覆うことで、踏み心地が悪くなるので、予防になるかと思います。
 排泄物の臭いが残っていると、わずかであっても、そこが猫を引きつける場所になってしまいますので、おしっこをされてしまったところは臭いが残らないようにしっかり洗浄するか、布団カバーを丸ごと替えてしまう方がよいでしょう。
 また、欲求不満や恐怖、ストレス、緊張などの心理的な影響で、失禁や嘔吐、下痢などの症状が起こることもありますので、思い当たる原因がある場合は、それを取り除いてあげることも大切です。

トイレで排泄すること自体を完全に学習していない可能性も

 ご質問の文面からすると、かなり若いうちから布団の上でおしっこをしてしまっているのでしょうか? そうだとすると、トイレで排泄すること自体を完全に学習していない場合もあります。その場合は、トイレのしつけ直しが必要になります。トイレのしつけ直しについては、猫に関するよくあるご質問「トイレの砂を変更する」をご参考になさってください。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 市川橋病院 獣医助手 大石 節子さん)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group