Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

排泄のしつけ・スプレー行為

スプレー行為が続く

11歳のオス猫です。先月、家族旅行のため、猫を3日間ほど動物病院に預けたら、それ以来、スプレー行為をするようになりました。この1カ月、食事の量が減り、体重も激減しております(通常時12kg、現在8kg)。以前から年に1度は、家族旅行のため、1週間ほど動物病院に預けることがありましたが、8年ほど前に去勢したせいもあり、今までは、スプレー行為が長く続くことはありませんでした。しかし、今回は1カ月近くに及んでいます。どのように対処すればいいのでしょうか。通常のおしっこに比べ、においがかなり強いため、その対処にも困っています。(大分県大分市 トム&ジェリーさん)

病気の恐れがあるので、動物病院へ!!

 飼い主の旅行などによる不在から、スプレー行為が起こることは確かにあります。しかし、トム&ジェリーさんの場合は、今までも年に1回くらいは預けていらっしゃったとのことですので、飼い主の不在がストレスとなって、スプレー行為が起きたとは考えにくいのではないでしょうか。
 それよりも何よりも、食欲がなく、1カ月の間に体重が4kgも減っていることを考えると、愛猫の異常な排尿行動は、スプレーというより、何らかの病気が原因である可能性が非常に高いと思われます。そもそも、猫の体重は、成猫でも4~5kgが限度で、体重が12kgあったこと自体も、かなりの肥満で問題ではありますが、それが激減したということは、猫のからだにとっては異常なこと。尿がにおうということですので、尿路感染症の疑いもあります。一刻も早く、動物病院へ行って、検査をお受けください。

スプレーと通常の排泄の違いは?

 トム&ジェリーさんの場合は、スプレー行為ではない可能性もありますが、スプレーについては、ご質問が多いので、ここで少しご説明をしておきます。スプレーと通常の排泄を区別するには、その姿勢や場所をよく観察することが大切です。スプレーの場合は、比較的少ない量の尿を、尾を立てた姿勢で垂直面に噴射します。起こりやすい場所としては、家や部屋の入り口、ふだん人や他の猫が通る家の中の通路や新しいもの、家具などが対象となりやすいようです。
 去勢していないオス猫の多くは、家の中でスプレーし、強い独特のにおいを残します。去勢すれば、たいてい、この行動はなくなります。スプレーは複数の猫を飼っている家庭の方が多く、とくにメス猫と一緒に飼われているオス猫に多いようです。猫が完全に成熟してから去勢をした場合は、スプレーがあまり抑制されないこともあります。
 スプレーは、縄ばりが侵されそうな場合だけでなく、猫の欲求不満のために起こる場合もあります。例えば、人や猫を含む、新しい動物が家庭に入ってきたときや、飼い主の旅行などによる不在、環境の変化、また、猫の注意をひこうとする行動に飼い主が応じなかったりしたときにも起こります。多頭飼育の場合、トイレの掃除が不十分なときにも、トイレ以外での排尿の原因になります。また、トイレの素材が変わったり、置き場所が食餌の場所や寝床に近かったりして、トイレが気に入らない場合もあります。これらから考えて、スプレー行為だと判断される場合には、いつ、どこで、どんなときにしているのかを観察して、まずはその原因を取り除いてあげてください。

スプレー行為をしている場合の対策は?

 現在、スプレー行為をしている場合、すでに尿をかけられたところは、水やアルコールで拭いたり、脱臭スプレーを吹きつけたりして、においが残らないようにしてください。いつも決まって汚される場所がある場合は、しわにしたアルミホイルを敷く、粘着テープを貼る、水鉄砲でびっくりさせるなど、猫が嫌がることをして、そこで排泄するのが嫌になるようにします。いつもする場所に、その猫の食器やベッドを置くという方法もあります。
 人が頻繁に利用する通路や、寝床や食餌場所に近いところに、トイレが置いてあると、猫はそのトイレを嫌がるようになってしまいます。また、トイレに不備はなくても、特別お気に入りの排泄場所があるということも考えられます。その場合、そこには入れないようにして、他の場所に行くように仕向けます。猫がトイレの場所を気に入るように、お気に入りのカーペットを小さく切って、トイレのそばに置いておくという手もあります。愛猫のトイレ以外での排泄にお悩みの方は、ぜひお試しください。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院助手 大石 節子さん)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group