Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

コミュニケーション

先住猫と仲よくさせるには

現在、2カ月のチンチラシルバー(オス)と暮らし始め、2週間ほどたちます。よくなついているし、楽しく生活しているのですが、急に友人のアメリカンショートヘア(3カ月のオス)を1年ほど預かることになりました。先日、顔合わせをしたのですが、取っ組み合いのケンカをして、大騒ぎでした。アメショーの方が強いのですが、チンチラはいくらやられても、自分の縄ばりを守ろうと必死に向かっていきます。とりあえず、別々の部屋に、それぞれのトイレを用意して、引き離しているのですが、1DKなので、いつまでもそういうわけにはいきません。このままだと、チンチラの方に、ストレスがたまってしまうのでしょうか。2匹が仲よくなるのは無理なのでしょうか。(福岡県福岡市 まみさん)

多頭飼育の場合、病気の感染にも注意を!

 新しい猫が来てすぐ、このメールをいただいたようですが、すでに数週間経過しているので、事態はだいぶ改善しているのではないでしょうか。猫の社会化の期間は、基本的には8週齢までですが、まみさんの場合は、双方が3カ月齢と若く、猫同士のことなので、折り合いはじきによくなると思われます。ただし、猫は単独行動をする動物ですから、多頭飼育に慣れるまでは、多少なりとも、お互いにストレスを我慢しなければならないでしょう。
 先住の猫がいる家庭に、新しい猫を迎える場合、まず、気をつけなければならないのが、病気の感染を防ぐことです。新しい猫を迎える前には、両方の猫に病院で健康診断を受けさせてください。健康診断の項目としては、全身の身体検査、皮膚病(外部寄生虫やカビ)やノミの寄生、ミミダニ、糞便の検査、ウイルス検査(ネコ白血病ウイルス・ネコエイズウイルス・ネコ伝染性腹膜炎ウイルス)があります。健康ならば、3種混合ワクチンを接種しましょう。先住猫も、ウイルス検査で陰性であること、ワクチンをこの1年以内に接種していることが必要です。
 ワクチンでは、現在4つの病気を予防できますが、それ以外にも解明されていない病気がたくさんあるので、最低1週間は、「検疫期間」として、2匹の猫を別々の部屋に隔離し、伝染病を予防します。また、どちらかの猫を触ったときは、手を消毒してから、もう一方の猫に触れるようにします。ここまで徹底する必要があるかと思われるかもしれませんが、室内で安全に暮らしていた猫に、病気の猫を入れてしまったら、彼らには逃げるところはありません。愛猫が健康に暮らせるよう、新しい猫を迎え入れるときには、必ず上記のことを実行して、病気の感染を予防してください。

お互いの気配やにおいに徐々に慣らす。

 隔離期間が終わったら、両方のえさ箱をドア越しに近づけてください。お互いの気配やにおいに警戒するようなら、えさ箱の位置を少し離します。お互いの気配に慣れてきたら、今度は姿を少しずつ見せるようにします。
 警戒するようなら、ドア越しの状態に一旦戻し、再び気配に慣れることからやり直します。お互いの姿を少し見せて、慣れてきたら、時間を決めて一緒にするようにします。こうして徐々に時間を増やしていくと、最終的には一緒に暮らせるようになります。
 次回以降、新しい猫を迎えるときも、同じようにします。そうすれば、かなりの確率で伝染病は防げますし、比較的争うことなく、新しい猫を迎え入れることが可能となるでしょう。
 さて、まみさんの場合は、お友達の猫を1年間預かるとのことですので、もう一つ考えておかなければならない問題があります。現在3カ月なので、まだテリトリー争いとして「スプレー」をすることはないと思いますが、近い将来、縄ばり意識が芽生え、スプレー行動が現れるでしょう。お友達に、去勢手術をしてもよいか、あらかじめ確認しておいてください。多頭飼育の場合は、去勢手術をしてもスプレーが治らないこともありますので、早い時期に去勢手術をされることをおすすめします。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院院長 内田 恵子先生)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group