Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

猫に関するよくあるご質問

 

爪とぎ・爪切り

爪をカットするには?

6カ月のチンチラ(メス)です。動物病院でワクチンを打ってもらったとき、爪も切ってくれたのですが、途中からすごくわめき出し、暴れてしまいました。ペット屋さんにそのことを告げると、ここにいる間はおとなしく、そんなことはなかったと言われました。その後、家で爪を切ろうとしましたが、すごく嫌がります。足を持ち、爪を出そうとしたとたん、暴れて逃げます。飼い始めたのは、生後3カ月です。そのときに、爪とぎも買って、爪とぎの教え方も教わりましたが、教えなくてもできたので、喜んでいました。途中から爪とぎをしなくなったので、いろんな種類の爪とぎを用意しましたが、だめでした。たまに背中に登ろうとしてくるので、痛くてたまりません。どうしたら、爪をうまくカットできるでしょうか。(大阪府河内長野市 ななここさん)

まずは、足先を触ることから

 お宅の愛猫は、最初の爪切りのときに嫌な気持ちになってしまったのかもしれませんね。個体差はありますが、猫は、人に触られることに対する許容度に限界があります。それを越えてしまうと、逃げたり、攻撃行動に出たりすることがあります。
 とくに、チンチラやシャムなどの、プライドの高い猫や気の強い猫は、無理やり押さえつけられると、怒って暴れてしまうことがよくあります。今はきっと「爪切り=嫌なこと、痛いこと」とインプットされていると思いますので、少しずつ慣らしていくようにしましょう。
 爪切りを嫌がる猫には、まずは、足を触ることから始めます。猫がくつろいでリラックスしているところを見計らって、そっと触ってみてください。片方の手で、顎の下や耳の後ろなど、猫が気持ちよく感じる場所をなでながら、触るとよいと思います。

次に、爪を出してみる

 嫌がらずに、足先を触らせてくれるようなら、第二段階として爪を出してみてください。猫の爪は、ふだんは足の中にしまわれていますので、指で軽く押して出して見ましょう。最初は1本やらせてくれたら、何か好きなものをご褒美としてあげて、終わりにします。嫌がるようなら、すぐにやめてください。そして、1本ずつ、徐々に数を増やしていきましょう。
 爪を出して触らせてくれるようになったら、今度は爪に爪切りを触れさせてみてください。嫌がらなければ、爪の先をほんの少しだけ切ってみましょう。爪切りも、はじめは1本だけにし、1本切ったら、ご褒美をあげて終わりにします。そして、慣れてきたら、1本ずつ増やしていくようにしてください。一度に全部やろうとせずに、徐々に慣れさせていくことが大切です。

猫が好む「爪とぎ」とは?

 それから、爪とぎをしなくなったとのことですが、爪とぎはどのようなものをお使いなのでしょうか。爪とぎは、安定性があり、猫が身体をいっぱいに伸ばして引っかくのに、十分な高さのものが必要です。たいていの猫は、家の中の目立つ場所を、爪とぎ場として選ぶので、目立つところに垂直にしっかりと取りつけてあげましょう。
 素材は、縦目の木製のものや縄、カーペットのような丈夫な布地などが好まれるようです。猫は、目を覚ましたすぐ後に、爪をとぐことが多いので、寝場所の近くの目立つ場所に置くとよいでしょう。また、爪とぎに前足を優しくこすりつけて、においをつけておいてやると、それが爪とぎ場であることが猫にわかりやすいでしょう。
 人の背中に登りたがるとのことですので、もしかしたら、あなたの洋服の生地が、爪を立てやすくて気に入っているのかもしれません。その場合は、その生地を爪とぎに取りつけてやると、爪とぎを促すのに効果があると思います。今までの爪とぎを使わなくなったのは、爪とぎが猫の満足できるものでなかったか、他にお気に入りのものがあるのかもしれませんので、今回ご紹介した方法もぜひ試してみてください。

(回答:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院 獣医助手 大石 節子さん)
このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group