Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

愛猫と暮らす生活事典

 

グルーミング

シャンプーのコツ

シャンプーは月1~2回が目安

 猫はもともと体臭も少なく、セルフグルーミングもしているので、基本的に室内飼育の短毛種であれば、無理やりシャンプーをする必要はありません。
 しかし、長毛種ではどうしても毛が汚れるので、月に1回くらいシャンプーをするのが理想的です。頻繁にシャンプーをしすぎても、皮膚の脂分が落ちすぎて、皮膚に負担がかかったり、被毛がパサついたりするので、注意してください。
 シャンプーは猫用のものを使います。人と猫では皮膚のpH(ペーハー)が違うので、薄めたとしても人用のシャンプーを使うと、皮膚や被毛のトラブルの原因になります。
 また、猫は体が濡れることを嫌うので、成猫になってから初めてシャンプーしようとしても暴れたり、興奮したりして、なかなかうまくいきません。子猫の頃から定期的にシャンプーし、水に慣らしておきましょう。

シャンプー前にはブラッシングと肛門のう絞り

 シャンプー前には必ずブラッシングをして、被毛のもつれや毛玉をほぐします。毛玉が残ったまま濡らすと、固まってしまい、ほぐれなくなります。ブラッシングした後に、コームでとかして引っかかりがないことを確認します。また、たくさんの抜け毛を流すと、排水溝がつまる原因にもなるので、抜け毛はできるだけ取り除いておきましょう。
 シャンプーをする前に、肛門の下側の「肛門のう」という部分にある、独特のニオイのする分泌物を絞り出します。この分泌物は通常はウンチと一緒に分泌されますが、余分にたまりすぎると炎症を起こしたり、肛門のうが破裂したりすることもありますので、シャンプーのときに絞ります。
 肛門のうは、肛門を時計盤の中心とすると4時と8時の位置に左右1つずつあります。絞るコツはしっぽを上に持ち上げ、人差し指と親指でつまむようにして、下から上に押し上げて絞り出します。あまり力を入れすぎると肛門を傷つけてしまうことがあるので、自分でできなければ、トリミングサロンや動物病院などでやってもらいましょう。
 また、爪が伸びていると、もし猫が暴れたときに爪が折れてしまったり、シャンプーしている人をひっかいたりすることもあるので、シャンプー前に爪は切っておいたほうがお互いのために安全です。

シャンプーの手順

1.体を濡らす

家庭でシャンプーするときは、猫が暴れないようにたらいにぬるめのお湯をはって、その中で洗うとよいでしょう。お湯の中に猫を入れ、顔から遠い、後ろ肢やお尻のほうからゆっくりかけて、徐々に慣らしていきます。シャワーのときは、シャワーヘッドを猫の体に当てると水圧にも驚きません。ただし、ノミがいる場合は、後ろからお湯をかけると、顔のほうに逃げ込んでしまうので、前に来ないように最初に首の後ろを濡らします。水を嫌がっている場合は、安心させるようにやさしく声をかけてください。

2.シャンプーをする

ぬるま湯で薄めた適量のシャンプーを猫の体につけ、指先でもむようにして軽く泡をたて、背中のあたりから洗います。短毛種の場合は指先を使い、毛の流れに逆らって皮膚をマッサージするように洗います。長毛種ではゴシゴシこすると毛が絡んでしまうので、手のひらと指先を使い、毛並みに沿って押し洗いします。1度めはさっと洗い、2度めは皮膚をマッサージするようにします。顔はスポンジを使うと上手に洗えます。口や目のまわりも汚れがつきやすいので、しっかり洗いましょう。目ヤニの固まりがついているときは、お湯でふやかすときれいにとれます。また、オスのしっぽの付け根には分泌物のでる腺があり、脂分でベタつくので念入りに洗います。

3.すすぎ&リンス

鼻にお湯が入らないように、顔を上に向け、耳を押さえながら頭の後ろからお湯をかけてシャンプーを洗い流します。すすぎ残しがあると皮膚炎などの原因になるので、腹、股の間、足の裏なども重点的にすすぎましょう。顔はたっぷりのお湯を含ませたスポンジを使います。目にシャンプーが入ってしまった場合は、シャワーでよく洗い流します。長毛種は、薄めたリンス液をかけて被毛になじませ、軽くすすいで仕上げます。

4.タオルでふく

毛の水分をよく絞り、猫に身ぶるいをさせて、水気をとばします。猫の耳に軽く息を吹きかけると、上手に身ぶるいします。次に乾いたタオルを背中からかけて全身を包みます。長毛種はタオルでゴシゴシ拭くと毛が絡むので、上から下へ毛並みに沿って押すようにして十分にふき取ります。
 

5.ドライヤーで乾かす

短毛種は自然乾燥でもかまいませんが、風邪をひかないように室内を温かくしておきます。根元が乾きにくいので、ドライヤーを使って仕上げるのが理想的です。長毛種はピンブラシやスリッカーでとかしながら、根元に温風を当てて完全に乾かします。温風を1カ所に当て続けるとやけどをさせることがあるので注意してください。ドライヤーの音が苦手な猫の場合は、弱風を当ててお尻のほうから徐々に慣らしていきます。

シャンプー嫌いの猫の場合

 シャンプーを極度に嫌がる場合は無理をしないことが大切。プロにまかせることをおすすめします。

このページのトップへ↑
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group