はじめての子猫との暮らし。ずっと元気で幸せに暮らしてほしいけど、何をしてあげればいいの?という不安もたくさんあるのでは。
お迎えした時、快適なトイレ環境を用意してあげましょう。排泄物は健康のバロメーターにもなる重要なポイント!ネコちゃんの気持ちを理解して、快適な暮らしをスタートさせてあげましょう。


\最初が肝心!/
トイレはいつでも清潔に!


落ち着ける場所にトイレを置く

自分の排泄物のニオイがついたもの(砂、布、新聞紙など)を新しいトイレに入れてあげると覚えやすくなります。

ソワソワしていたら連れて行く

ネコちゃんが落ち着かない様子を見せたら砂の上に乗せてあげましょう。特に、寝起き、食後、飲水後、遊んだ後はサインに注意!

上手にできたらほめてあげる

排泄し終わったら、思い切りほめてあげましょう。これを何回もくり返すことで、スムーズに覚えることができます。

トイレの失敗は絶対にしからないで

ネコちゃんが粗相をしてしまうのは、トイレを使いたくない理由があるからかもしれません。決してしからないで!ネコちゃんは排泄行為そのものに対してしかられたと理解し、排泄をガマンしてしまう可能性も。トイレ環境に問題がないか、確認しましょう。


\健康のために/
トイレはいつでも清潔に!


猫はとてもキレイ好きな動物です。トイレがニオっていたり、汚れていると、トイレ以外の場所で粗相してしまうことも。さらには、オシッコを我慢して病気になってしまう可能性もあります。ネコちゃんの健康のためにも、トイレ環境はおろそかにできません。

「ニャンとも」からのおすすめ
子ねこ用トイレ

ロングセラーの「ニャンとも清潔トイレ」の「子ねこ用」。子猫の使いやすさ・安全性を配慮した設計になっています。

愛しい子猫へ、
やさしい工夫がたっぷり。

入口が低くて出入りしやすい

小さめのチップでかきやすい

ケージの中でも入れられる

子猫の成長に合わせて、トイレケアも適切に。

スクスク成長する子猫。適切な時期に適切なケアをして健康な愛猫に育てましょう。子猫のうちから定期的に動物病院で健康チェックを受けることも大切です。

※子猫の成長は飼われている環境や品種などによって個体差があります。
※猫の病気や健康診断について気軽に相談できるホームドクターをつくっておくと安心です。


\みなさんに聞きました!/
「ニャンとも清潔トイレ子ねこ用」ってどう?


「ニャンとも清潔トイレ 子ねこ用」をお試しいただいた方々に、使用感をお聞きしました。猫オーナーの皆さん、キャットブリーダーや獣医師からも「オススメ」の高評価をいただきました。

猫オーナーの声


「子猫が使いやすい」「すぐに慣れた」と好評価!

モニター品を試した猫オーナーの8割が「良い」「やや良い」と回答。脱臭効果については、9割の方が実感。たくさんのうれしいお声をいただきましたので、その一部をご紹介します。

※2012年花王調べ n=1,710

キャットブリーダーの声


新しい飼い主さんに、子猫と一緒にこの「子ねこ用トイレ」を渡してあげたい!

キャットブリーダー
(CFA JAPAN 元ディレクター)
小泉かよ子さん

猫のプロ、キャットブリーダーの小泉さんから、「子ねこ用」の使い勝手の良さについてお伺いしました。

入口の高さが、子猫にばっちり!

子猫がトイレを覚えてくれても、入口が高くて入りにくければ失敗の原因に。でも「子ねこ用トイレ」なら、高さがばっちり。成長して砂の飛び散りが気になるようなら、トレーを逆向きにセットして使うこともできるので、とても便利ですね。

トイレを覚え始める生後4週齢頃から、難なく使える。
※小さめの粒での使用イメージです。

新しい飼い主さんに、子猫と一緒にこの「子ねこ用トイレ」を渡してあげたい!

トレーには、角が尖った部分がなく、子猫に配慮されていることがわかります。また子猫は、何でも口に入れてしまうため猫砂を誤食する危険性がありますが、「ニャンとも」は天然素材のチップなので、安心できますね。

ケージ用にも、携帯用にも使える最適なサイズ。

ケージに入れておきたいときや、猫との外出時、万が一避難が必要なときでも、この「子ねこ用トイレ」があれば、いつもと同じトイレ環境で安心して排泄をさせてあげることができます。成猫になってからも活用できると思います。

獣医師の声


子猫のうちから健康管理がしやすく、清潔に保ちやすいのがいいですね。

元苅谷動物病院 統括院長
内田恵子先生

獣医師の視点から、ネコちゃんに元気で長生きしてもらうために欠かせない健康管理の点で評価いただきました。

子猫のうちから尿チェックの習慣がつけられる。

マット(もしくはシート)を外しておけばスムーズに尿を溜めることができるので、ご家庭での採尿が簡単ですね。いざというときのために、子猫のころから「ニャンとも」で採尿の習慣をつけておくと病院での検査もしやすくなります。

トレーには尿の注ぎ口があるので、採尿に便利。

衛生的に保ちやすい。

極小の粒チップは子猫が使いやすいですし、粒が舞い散りませんね。角がなく丸みを帯びたトレーも、掃除がしやすいので、清潔に保ちやすいトイレだと思います。

\やさしい工夫がたっぷり/

Page Top