赤ちゃんとママ・パパのための情報

トイレトレーニング

基本編
トイレで
おしっこができるまで

体と大脳の成長が前提条件であっても、それだけですぐにトイレで用を足せるようになるわけではありません。尿意を自覚するのは排泄の自立に向けての第一歩ですが、何となく「おしっこがたまった」「おしっこを出したい」と感じていても、おむつの中でしてしまう時期はしばらく続きます。
おしっこやうんちをしたくなったらお母さんやお父さんに伝える、トイレという決まった場所までがまんするなど、まだまだ理解するべきことがいくつもあるからなのですね。
コミュニケーション能力の獲得や、トイレが排泄の場であるというルールを知ることなどの知的発達も、排泄の自立に向けての大きな要素です。

内海裕美先生

監修/吉村小児科

内海裕美先生


医学博士、日本小児科学会認定医。1980年東京女子医科大学医学部卒業、同大学小児科学教室に入局。研修医、助手、水野病院(足立区)、愛育病院(港区)などの外来を経て、現在、吉村小児科(文京区)院長。小石川医師会理事、日本小児科医会、子どものこころ対策委員会委員、日本外来小児科学会、アドボカシー委員会委員。地域で子育て支援セミナーの開催、子育て相談、ブックトーク、絵本の読み聞かせなどを行いながら、子育て支援に力を注いでいる。著作に、『はじめよう臨床医にできる子育てサポート21』編著(医学書院)他。

Page Top