Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

発熱のケア

熱が上がったり下がったりするときは?

つい先日、熱が出て受診しました。飲み薬が処方されたのですが、熱が下がったかと思うとぶり返し、ケアに迷いました。このような場合はどうしたらいいでしょうか?(しのちゃんママ 5カ月)

健康なときでも、1日のうちでは体温が変化します。朝は低めで夕方から夜にかけて高めになり、これを日内変動といいます。しのちゃんママさんの場合も、このような日内変動が病気の発熱と重なって、熱が上がったり下がったりという経過をたどったのかもしれません。あるいは、発熱で受診した際に処方された飲み薬に解熱効果のある薬が含まれていて、その薬の効果によって一時的に熱が下がったり、薬の効き目が切れてぶり返したという可能性もあります。

熱が上がったり下がったりする場合、熱が下がっている間に水分補給や授乳をしたり、食欲があれば離乳食を与えます。入浴は完全に熱が下がった翌日まで控えますが、熱が下がっているときに体を拭いてあげると良いでしょう。

逆に熱が上がってくるときには、寒気や不快感を感じて不機嫌になるので、抱っこをしたり、やさしく声をかけたりして不安感をとってあげましょう。寒そうなら温かく、熱が上がりきったら涼しく、衣服や布団の調節に気配りをしてあげてください。

なお、3~4日の期間内で、熱が狭い範囲で上下して次第に下がってくる場合は、ほぼ心配ないのですが、それ以上熱が続いたり、いったん下がった熱が再び高熱となってぶり返す場合は注意が必要です。「突発性発疹」や「かぜ」などウイルスが原因で熱が出た場合、長くてもほぼ3~4日でおさまるからです。

発病から3~4日でいったん熱が下がったにもかかわらず再び発熱したときや、5日以上高熱が続くときは、必ず再受診しましょう。別の病気にかかっているか、あるいは細菌に二次感染していたり、肺炎や気管支炎などを合併している心配があります。

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...