赤ちゃんとママ・パパのための情報

離乳食クッキング

苦手料理の克服法
味つけって
どうすればいいの?

「調味料って使ってもいいの?」「ベビーフードみたいにおいしくできない」「マンネリ味で赤ちゃんもあきちゃったみたい」など、離乳食の味に関してお悩みのママ・パパも多いはず。離乳食の味つけは、大人の料理の調味とは違います。味つけの基本をマスターしてから、応用テクを取り入れましょう。

5〜6ヵ月ごろ:ベジタブルペースト

野菜スープを作るときに煮た野菜をフードプロセッサーでピューレ状にするか、裏ごしします。

※野菜スープ(冷凍キューブ)の作り方

  1. 鍋に、皮をむいて薄切りにしたかぶ1個、皮をむいて5mm厚さの輪切りにしたにんじん1本、芯を除いてざく切りにしたキャベツの葉2枚を入れます。
  2. 1に、水4カップを加えて火にかけ、野菜がくたくたになるまで煮て、こします。
  3. 2を冷ましてから製氷器に入れ、冷凍庫で冷やし固め、固まったら型から取りだして、フリーザーバッグに入れかえて保存します。

調理のポイント
弱火で煮てスープをとります。スープをとったあとの野菜は捨てずに、すりつぶして離乳食に使います。

5~6カ月ごろでは、素材の味を生かし、味つけをしないのが基本です。調味料は使いませんが、天然のだし汁や野菜スープを利用すると、離乳食がおいしく仕上がります。かつお節や干し椎茸、昆布などでだしをとり、だし汁を作りましょう。たくさん作って製氷器で凍らせ、キューブ状にしておくと、1回分ずつ解凍して使えるので便利です。野菜スープも同様にして冷凍しておきましょう。ベビーフードのだしやスープを使ってもかまいません。
素材そのものの味に慣れてきたら、ベビーフードのホワイトソースやトマトソース、コーンポタージュなどのスープを使って、徐々に味のバリエーションを広げてあげてもよいでしょう。

7〜8ヵ月ごろ:にんじんのカッテージチーズあえ

  1. やわらかくゆでたにんじん20gをあらつぶしにします。
  2. 1に、カッテージチーズ、マヨネーズ各小さじ1/4を加えて混ぜ合わせます。

調理のポイント
マヨネーズにカッテージチーズを混ぜて、味をまろやかにします。ヨーグルトでのばしてもよいでしょう。

離乳食の風味づけとして、しょうゆ、塩、トマトケチャップ、マヨネーズ、みそなどの調味料を、ごく少量なら使ってもよくなります。そのまま使うと味が濃いので、たとえば、マヨネーズ&カッテージチーズ、ケチャップ&無塩のトマトジュース、ケチャップ&ヨーグルトといったように、相性のよい素材と混ぜるとよいでしょう。この時期になると、バターを使ってもよくなりますので、風味づけとしても使いましょう。
また、5~6カ月ごろの粉末や顆粒のベビーフードを、調味料がわりに使ってもよいでしょう。果汁は、肉や魚との相性がよいので、煮るときに使ったり、ソースがわりにするなどして味つけに利用しましょう。

9〜11ヵ月ごろ:豆腐チャンプルー

  1. ゆでたにんじん15gとキャベツ20gを、それぞれ1cm角に切ります。
  2. もめん豆腐50gを水切りし、1cm角に切ります。
  3. フライパンを熱し、サラダ油小さじ1/4をひいて1と2を炒め、醤油少々で味つけし、かつお節ひとつまみを加えて混ぜ合わせます。

調理のポイント
かつお節は、すりこぎで一度すりつぶして、細かくしてから使います。

9~11カ月ごろになると、赤ちゃんの味の好みもはっきりしてきます。とはいえ、一度嫌がっても忘れたころに食べさせると食べたりするもの。好きな味つけだけでなく、いろいろな味に慣れさせてあげましょう。味つけそのものは、7~8カ月のころとほとんど変わりません。大人が食べて物足りないと思うぐらい、大人の味の1/4~1/2程度の濃さにしましょう。この時期は、まだ香辛料の類は使えません。
味に広がりをもたせるには、調味料だけでなく、青のり、きなこ、すりごま、かつお節、粉チーズ、バター、果汁など、風味づけができる素材を調理に利用するとよいですよ。手づかみで食べるハンバーグなどのメニューは、ソースやケチャップをあらかじめ素材に混ぜて下味をつけておくと手が汚れません。

牧野直子先生

料理・指導/管理栄養士

牧野直子先生


スタジオ食(くう)主宰。「より健康になるための食生活や栄養の情報提供」、「家族みんなが楽しめる、身体にやさしい、簡単で美味しいレシピの提案」をテレビ、ラジオ等各マスメディアや料理教室、健康セミナーなどで展開。自らの経験や豊富な食や栄養の知識・情報から生まれたレシピの数々は食卓をあずかる女性を中心に好評を得ている。保健センターでの栄養相談や育児雑誌での調理指導など、離乳食に関しても多方面で活躍中。

Page Top