VOICE User's ホット Voice

青木 琴美さん
(漫画家)

締め切りが続くハードな日々でも 長年活躍できるのは適度な休憩のおかげ 私の休息を支える 「めぐりズムのアイマスク」

19歳のデビュー以来、人気漫画家として活躍している青木琴美さん。読者の共感や感動を引き出すような漫画を描くため、毎月締め切りギリギリまで細かい作業が続きます。長く連載を続けるために、しっかりと休息をとることの大切さを実感しているという青木さん。昔から「めぐりズム」を愛用し、気分リラックスされているようです。

PROFILE

青木琴美 (あおきことみ)

1980年愛媛県生まれ。1998年、小学館の『少女コミック』11月増刊号にて漫画家デビュー。代表作として、映画化された『僕は妹に恋をする』『僕の初恋をキミに捧ぐ』、第59回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞した『カノジョは嘘を愛しすぎてる』などがある。現在は、少女向け月刊漫画雑誌『Cheese!』にて、『虹、甘えてよ。』を連載中。

#マイベストめぐりズム 漫画家 青木琴美さんが 「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」を 選んだ理由

#マイベストめぐりズム 漫画家 青木琴美さんが 「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」を 選んだ理由

#マイベストめぐりズム 漫画家 青木琴美さんが 「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」を 選んだ理由

漫画の作画中は、長時間の作業で気分ぐったり……気分リフレッシュに「めぐりズム」が大活躍

「めぐりズム」の温もりや香りが、締め切りに追われ多忙な日々の中でも気分をリラックスさせてくれます

日頃からアロマを愛用する私には、香りのバリエーションが選べる「めぐりズム」は嬉しい!

持ち運びやすく国内外の旅行にも重宝! 環境が変わっても自宅のように気分リラックスできます

Episode 1

面白さを左右するストーリーや
コマ割り、キャラクターの表情には
手を抜けません

仕掛けなど緻密な計算をしながら
漫画の展開を考えています

漫画の仕事は、大きく「ネーム」と「作画」の2つに分かれます。ネームとは、漫画を描くための設計図。ストーリーの流れ、コマ割りやセリフなどをおおまかに決めていく作業です。いかに読者に共感してもらえるキャラクターにできるか、続きが読みたくなるコマ割りにするか、漫画のおもしろさはネームで決まると思っています。例えば、漫画は右から左へ読み進めるので、左ページの最後のコマをどうつくるかが重要です。小さくコマを切ってリズムをつけたら、次のページの最初のコマには大きめの絵をもってきてインパクトをだすなど、読者に楽しんでもらうためのコマ割りの仕掛けを計算しながら作っていきます。

読者に一番見られるのは
キャラの「目」、
細かな違いでも印象を変えてしまう

作画中はひたすら描くのみ。地味で地道な作業です。担当さんにキャラクターの表情が硬いと指摘されてから、特にキャラクターの表情にはかなり意識しています。多少顔が崩れても、キャラクターの感情が伝わるように、バランスをとりつつ、何度も描き直します。特に人の表情は「目」に現れます。読者もキャラクターの目を一番見ると思うので、どう描くかが悩みどころ。苦しい表情のときは線をゆがめたり重ねたり。いくつかパターンを作って、どっちがいいかアシスタントさんに相談したら、「どこが違うんですか?」と逆に聞かれてしまいました。細かすぎるこだわりかもしれません(笑)。

繁忙期は休みをとる時間もなく
ひたすら描いて描くのみ……

ネームと作画の時間配分は半々にしたいのですが、ネームに時間がかかってしまい、作画にあてる時間が少なくなることが多いです。そのため、いつも締め切り前は、かなりハード。寝る、ごはんを食べる、トイレに行く以外は、ひたすら描くのみ。お風呂も2日に1度しか入れないことも。作画はすべて手書きなので、ライトボックスに下絵を置いて、トレースしながら原稿用紙にペン入れします。長時間強い光を見つめますし、細かい絵の描き込みも多いので、かなり気分がぐったりしますね。

ハードな状況でもちょっとした
気分転換は大切ですね

締め切り間際の修羅場になると、睡眠時間がなかなか取れません。最低でも3時間は眠りたいのですが、ひどいときは、30分取れるかどうか。どうしようもないときは5〜10分間、タイマーをかけて仮眠することもあります。辛いときこそ、気分転換が必要。仕事場に、アロマオイルで香り出せる空気清浄機を置いています。どうしようもない状況は変わらないのですが、良い香りによって頑張れる気がするんです。「めぐりズム」もさまざまな香りで気分リフレッシュできるところが、気に入っている理由のひとつですね。

Episode2

多忙な中でも「めぐりズム」が
休息を充実させてくれる

20代から愛用する「めぐりズム」、
カモミールの香りが一番好きです

「めぐりズム」は何年も前から使っています。香りは全種類試してみて、今はカモミールが一番のお気に入り。自然に近い香りで、気分がリラックスできる気がします。袋を開けたときからいい香りがして、ぬくもりと一緒にだんだん強くなっていくところが好きですね。温度も熱すぎず、ちょうどいいです。

仕事モードから抜けられない時、
「めぐりズム」で
強制的に気分の切り替え!

「めぐりズム」は、寝る前などよりゆったりとした休息をとりたい時に利用しますね。忙しい時期にギリギリまで細かい作業をしていると、休みたくてもまだ頭は仕事モードで、切り替えが難しいんです。その点「めぐりズム」をつけると光が強制的に遮断されて、自然とオフモードに。あと「めぐりズム」の香りや温かさで、休んだ後の満足感が違ってくるんですよ。仕事のプレッシャーで「できないかも……」とネガティブな気持ちでいても、「めぐりズム」などを使用して、充実した休息をした後は違う気がするんです。

外出先の慣れない環境でも
いつもの「めぐりズム」で
気分リラックス

旅行でも必需品ですね。最近だと、アシスタントさんと一緒に慰安旅行に行ったときや、仕事で韓国へ行ったときも「めぐりズム」を持っていきました。私は枕が変わるとダメなタイプなので、いつもと同じ環境で気分リラックスできて助かりました。荷物の中でもかさばらないですしね。「めぐりズム」はぴったりフィットするので着け心地の良さも魅力です。

これからも漫画を描く時のお供に
「めぐりズム」を
置いておきたいですね

漫画家を続けて19年。若い頃は「休みなんていらない」と思っていましたが、最近ではそうも言っていられなくなっています。長く仕事を続けるために、日々コツコツと体や心のメンテナンスをしていくことは大切だなと実感するようになりました。「めぐりズム」は、箱で買って常備。アシスタントさんにも、箱ごと提供しています(笑)。これからも、読者に面白い漫画を届けるため休息をとることは大切にしていきたいですね。

「めぐりズム」を使用して、
充実した休息がとれたあとは
前向きな気持ちで
 仕事に取り組めます。

 

User's ホット Voice めぐりズム愛用者のホンネ今回中!

  • 漫画家篇 ハードな日々の中、私の休息を支える「めぐりズムのアイマスク」

  • アニメ監督篇 「めぐりズムのアイマスク」での10分間でメリハリをつけた休息を

  • IT系事業開発篇 「めぐりズムのアイマスク」でオンオフの切り替えがスムーズに

他の愛用者をもっと見る

  • ヤフー株式会社様篇 日本屈指のIT企業、ヤフーの社員は効率的な休息も得意!?

  • 書道家篇 最高のパフォーマンスの秘訣は移動中の10分間の「アイマスク」

  • 塾講師篇 受験生のもうひとがんばりを後押し!アイマスクによるリフレッシュ方法

  • 医師篇 短時間の休息を充実させてくれる「めぐりズム」の10分間

  • イラストレーター篇 繊細な作業で集中を保つためのホットアイマスクの10分

  • 編集者篇 面白い本をつくる秘訣。“ごきげん”気分をホットアイマスクが演出

  • スラックライン・ライダー篇 スラックラインの女王が自分らしさを取り戻す10分間

  • ゴールキーパー篇 ホットアイマスクの10分でオン・オフを切り替える

公式アカウントをフォローしてチェック!お得な情報がゲットできるかも!

  • 公式Facebook

  • 公式Twitter

TOP

Page Top