休憩上手は、仕事上手 これで午後の仕事もバッチリ!? デキる男・女は、休み上手だった!

お昼休み、限られた短い時間をいかに有効に休むかで、午後の効率は変わってきます。そこで今回、医学博士がオススメする「上手に休む4つのコツ@お昼休み」をご紹介。上手に取り入れて、午後をシャキッと乗り切りましょう!

TIPS1

スキマ時間に目をとじてみよう

仕事や勉強を続けていると、アタマのなかが覚えたことでいっぱい!そんな時は、静かな場所で目をとじてみて。情報を遮断することでアタマの整理の手助けになると言われています。耳栓などのアイテムを使うのもオススメです!

TIPS2

コーヒープチ昼寝
合わせワザ!

コーヒーに含まれるカフェインが作用するのは、摂取してから約30分後。だから、ランチにコーヒーを飲んだら、10分程度、目を閉じプチお昼寝。すると…ちょうど午後のスタート時にシャキッとした気分に!

TIPS3

カンタン体操で、血めぐり対策

机に向かっていると、つい姿勢が前かがみ・・・。カラダが縮こまって、血液の流れが滞りがちです。座りながら、胸を開いたり、上半身をひねったり、肩をまわしたりして、休憩がてら、ほぐしてあげましょう。

TIPS4

歩いて、カモン!
しあわせホルモン!

実は足の筋肉を使うことで、しあわせホルモンと呼ばれる物質「エンドルフィン」が分泌され、イライラが抑えられると言われています。また、外の光が、やる気モードのスイッチにも。今日のランチ後は、外に出てみませんか?

PROFILE

医学博士 福田千晶先生

現職
医療法人高友会 アルシェクリニック勤務
日本リハビリテーション医学会専門医、日本東洋医学会専門医日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医日本人間ドック学会専門医、日本体力医学会健康科学アドバイザー医学博士
 
経歴
慶應義塾大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学科勤務を経て、アルシェクリニック、NECフィールディング嘱託産業医勤務。また健康アドバイザーとして執筆、講演、テレビ・ラジオ番組への出演などで活躍。

休憩上手は、◯◯上手 各界のプロフェッショナルが上手に休むコツを伝授!

  • 休憩上手は、勉強上手! 『ビリギャル』著者・坪田信貴先生が伝授!合格を手にする最後のヒント

  • 休憩上手は、仕事上手! 医学博士・福田千晶先生が伝授!午後をシャキッと乗り切る方法

公式アカウントをフォローしてチェック!お得な情報がゲットできるかも!

  • 公式Facebook

  • 公式Twitter

Page Top