~暮らしの変化とともに歩んできた~

マジックリンの歴史

1950年代1970年代
々の生活が豊かになっていった時代
高度成長期〜70年代にかけては、 日本が急激に成長していった変化の激しい時代でした。

食の洋風化

食が洋風化し、動物性脂肪やタンパク質の摂取量が 増えていた時期。
換気扇やレンジの汚れも年々ひどくなっていました。

自家風呂率アップ

自家風呂率が高くなり、 木製からタイルやステンレスの浴槽に変化。
石鹸カス、湯アカなど浴室独自の汚れの悩みが増えてきました。

暮らしの変化と共に
新しい汚れが登場。

食事の内容や住まいの形態などに大きな変化がありましたが、住まいの汚れにも大きな変化がありました。
マジックリンは、そんな時代のがんこな汚れを簡単に落としたいという主婦のニーズに応えるラインナップを揃えました。
使い勝手のよいハンディスプレータイプを開発したことで、一気に世の中にマジックリンが浸透していきました。 

この時期に発売されたマジックリン

1971
マジックリン
発売

1973
バスマジックリン
発売 

1976
マジックリン

ハンディースプレー発売

1978
バスマジックリン

ハンディースプレー発売

1978
トイレマジックリン

発売

1980年代1990年代
働き世帯が増え家事分担が進んだ時代
バブル景気も手伝い、女性の社会進出の幕開けともいえる、働く女性が時代の主役になりました。

しつこい汚れは
相変わらず

換気扇からレンジフードへ。
形状が変わっても、洗いづらい汚れの代表選手は今も変わらず。

バスタブの
素材にも変化が

成形がしやすい強化プラスチックが主流に。
ステンレスに比べて汚れが目立ちやすくなった。

そうじも手早く、簡単に!

電子レンジ調理の増加や、キッチンや浴槽などの材質が 汚れにくいものに変化。
また、共働き世帯が増え、時短の意識が高まると、そうじ自体を手間なく簡単に済ませたいという要望が増えてきました。

この時期に発売されたマジックリン

1984
つけ置きマジックリン発売 

1992
マジックリンフォーム発売 

1995
バスマジックリン
泡立ちスプレー発売

1996
トイレマジックリン消臭・洗浄スプレー発売

1997
ワイドマジックリン

発売

2000年代現代
当の豊かとは?
新たな価値を求める時代へ
オーガニック、ヒーリング、ロハス・・
環境や健康へ価値観が向かい始めました。

オープンキッチンの普及

料理しながら会話ができるオープンキッチンが人気に。一方キッチンのニオイも気を使うように。

お掃除気分を華やかに

どうせそうじをするなら華やいだ気分で楽しみたい。そんな積極的な主婦層が増えてきました。

ニオイ、カビ、菌などへ
意識が高まってきた。

健康や安全に対する意識が高まる中、汚れだけでなく、除菌やニオイなどのケアも必要になっていました。

この時期に発売されたマジックリン

2003
トイレマジックリン

パワーリキッド発売

2005
バスマジックリン
消臭プラス発売

2006
キッチンマジックリン

消臭プラス発売

2010
バスマジックリン
防カビプラス発売

2013
バスマジックリン
アロマ消臭プラス発売

2013
バスマジックリン
除菌消臭プラス発売

2013
トイレマジックリン
AROMA発売

住まいの洗剤から、
暮らしのブランドへ。

時代とともに変化する清潔のあり方、
住まいとそこに暮らす家族のあり方を見つめてきた
マジックリン。
日本人の暮らしと、
それを支える気持ちのいい暮らしの場をこれからも、
提供したいと考えています。

スペシャルサイト

Page Top