応援!くらしのキレイ

お洗濯の基本の「キ」
洗濯ネットと干し方でシワ・型くずれを防ぐ

2018.04.11|洗濯・衣類ケア

【応援!くらしのキレイ】お洗濯の基本の「キ」洗濯ネットと干し方でシワ・型くずれを防ぐ

洗濯ネットって何?使うメリットは?洗濯物が乾いたらシワシワだった…どうにかならないの?お洗濯ビギナーの疑問を解決します。

「洗濯ネット」を使いこなそう!

洗濯ネットは、シワや傷み、からまりや型くずれ、糸クズの付着や毛羽立ちを防いでくれる便利なアイテムです。種類の豊富な洗濯ネットを使い分けましょう。

網目や形もいろいろ。洗濯ネットの選び方

洗濯ネットの種類は大きく分けると以下の4つ。それぞれに適したアイテムを紹介します。

目の粗い洗濯ネット

目の粗い
洗濯ネット

衣類のからまり、洗濯ジワ、型くずれを防ぐために使います。
<アイテム>
ワイシャツやブラウス、ニット、パンツ類など

目の細かい洗濯ネット

目の細かい
洗濯ネット

デリケートな衣類や、糸くずの付着、毛羽立ちを防ぐために使います。とくにデリケートな衣類は、裏返しにたたんでから入れましょう。
<アイテム>
・ビーズやスパンコールなどの装飾のあるもの
・小さいボタンやホックなどがついたもの
・下着やストッキングなど
・フリースや起毛素材 

ブラジャー専用の洗濯ネット

ブラジャー専用
の洗濯ネット

ブラジャーのワイヤーやカップの変形を防ぐために使います。

大物洗い用の洗濯ネット

大物洗い用
洗濯ネット

タオルケットや毛布などの大物を洗うときに使います。からまったり、擦れによる毛玉や傷みを防ぎます。

サイズに合った洗濯ネットを使う

シワや型くずれを防ぐために、衣類はたたんで洗濯ネットに入れます。大きすぎると、中で衣類が動いてしまい、かえってシワの原因になることがあります。反対に小さすぎると、汚れが落ちない原因に。
洗濯ネットは、ちょうど良いサイズのものを使いましょう。

脱水と干し方のコツ

脱水の仕方や干し方のちょっとしたコツで、洗濯ジワや型くずれを防ぐことができます。

脱水時間は短め&すぐに取り出す

脱水後はできるだけすぐに洗濯機から取り出して干すことが、シワにならないコツです。脱水時間が長いと、乾きは早くなりますがシワや型くずれの原因になるので注意を。

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

1~2枚だけ、脱水時間を短くするには

シワをつけたくない衣類をあらかじめ洗濯ネットに入れて、脱水は手動で「短時間」に設定し、他の衣類と一緒に洗濯します。
その後、洗濯ネットごと先に取り出し、残りの衣類だけで再度脱水します。

1~2枚だけ、脱水時間を短くする

シワをのばしてから干す

干す前のひと手間で、仕上がりが変わります。

STEP1 大きなシワをのばす
肩の部分やそでを持って、上下に衣類を大きく数回振ります。
 ↓
STEP2 小さなシワをのばす
軽くたたみ、衣類を手のひらではさむようにパンパンとたたきます。
 ↓
STEP3 引っ張ってのばす
ワイシャツのえりや前立て部分、そで口、縫い目などのシワが目立ちやすい部分は、引っ張ってのばします。

■折り目やフリルがついた衣類
センタープレスがあるパンツ類は、折り目に沿って引っ張りながらのばしましょう。フリルは手でのばして形を整えます。

折り目やフリルがついた衣類

衣類に合わせて干し方を変える

ハンガーやピンチハンガーで干すだけでなく、衣類によっては、取扱い表示に干し方マークがついているものもあるため、チェックを忘れずに。

【平干し】
ニット、カットソーなど型くずれの気になるもの

ニットなどののびやすい衣類やデリケートな衣類は、ピンチハンガーの上などで平干しすると、型くずれを防げます。

平干し

【さお干し】
トレーナーやニット類など厚手で重いもの

厚手の衣類は、ハンガーでつり干しにすると重みで型くずれしやすいため、さお干しにします。

  • さお干し_トレーナー

  • さお干し_厚手の衣類

【陰干し】
陰干しマーク付きや毛・絹・ナイロンなど

取扱い表示に陰干しマークがついたものや、毛・絹・ナイロンなどは、日光に弱いので必ず陰干しを。濃い色の衣類も、日光で色あせしやすいため、陰干しがおすすめです。

陰干しマークの例

  • 日陰の吊り干しがよい

  • 日陰の平干しがよい

その他の干し方はこちらをチェック

洗濯物は一度に洗う量にも注意!

  • アンケートにお答えいただいた方の中から30名様にプレゼント!

Page Top