応援!くらしのキレイ

お洗濯の基本の「キ」
ビギナーのための洗剤・洗濯機の使いこなし術

2018.03.27 | 洗濯・衣類ケア

【応援!くらしのキレイ】お洗濯の基本の「キ」 ビギナーのための洗剤・洗濯機の使いこなし術

洗剤や柔軟剤、漂白剤って何が違うの?どんなときに使うの?洗濯機のコース設定って変える必要はあるの?お洗濯ビギナーの疑問を解決します。

読者アンケート

読者アンケート

読者アンケート

ひとり暮らしの家事での失敗ランキング

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

ひとり暮らしをしていたときに多かった失敗は、「炊事・食事」と並んで「洗濯」に関するものでした。その中のコメントをいくつか紹介します。

・外干しができなかったので、部屋干しにするとニオイが気になった。(34歳・女性)

・洗濯タグの表示を見ないで洗濯したら服が縮んだ。(32歳・女性)

・色物を一緒に洗ってお気に入りのインナーがすごい緑に。俺こんなの持ってたっけ?(28歳・男性)

・洗剤と間違えて半年ほど漂白剤で洗濯したつもりになっていた。(21歳・男性)

「洗剤」「柔軟剤」「漂白剤」ってなに?

洗濯用洗剤は、大きく分けて2種類

洗剤は、普段着に使う「一般洗濯用洗剤」と、ニットなどデリケートなものに使う「おしゃれ着用洗剤」の2つがあります。一般洗濯用洗剤は、液体と粉末タイプがあり、すすぎ1回でOKのものや柔軟剤入りのものなど、特長は様々です。

くわしくはこちら

柔軟剤は、リンスのような役割

お洗濯の最後のすすぎの時に使います。衣類をふんわりやわらかに仕上げ、静電気・毛玉・毛羽立ちを防ぐ効果があります。水洗いできるすべての衣類で使用可能です。

ハミングファイン

仕上がりに香りをつけたり、抗菌・防臭効果のあるものもあります。

  • 洗濯用洗剤と柔軟剤

  • 液体洗剤と柔軟仕上げ剤は 間違えやすいので、 表示を確認してね!

衣料用漂白剤は、シミやしつこい汚れを落とす

漂白剤には、食べこぼしなどのシミやしつこい汚れを落とす効果があります。また、皮脂汚れなどが少しずつたまって衣類の黄ばみや黒ずみになるのを防いだり、ニオイをとりのぞいたり、除菌する効果もあります。

ワイドハイター

酸素系漂白剤

いつものお洗濯で、漂白・消臭・除菌・抗菌ができます。色柄物と白無地、どちらにも使えます。液体と粉末タイプがあります。

ハイター

塩素系漂白剤

漂白力が強く、高い除菌・除臭効果があります。白無地衣料専用で、毛や絹には使えません。

このひと手間で、洗濯物の仕上がりに差が出る!

洗濯物を仕分ける

色移り、縮みなどの失敗を予防するためにも、洗濯物の仕分けは大切です。主なポイントは以下の3つ。

①洗い方や使用洗剤によって仕分ける
衣類の取扱い表示を見て、一般洗濯用洗剤で洗えるものか、おしゃれ着用洗剤で洗うものか確認する。

②汚れの程度によって仕分ける
タオルなど汚れの軽いもの、靴下や子どもの運動着など汚れのひどいものなどで分ける。

③色の濃い衣類を仕分ける
初めて洗う場合は、特に色落ちする可能性があるので別洗いがおすすめ。

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

「色移りしちゃった!」…となる前に色落ちチェック

濃い色や柄物の衣類は色落ちしやすく、一緒に洗ったものに色移りをしてしまうことも。初めて洗うときは、洗濯前に色落ちチェックをしましょう。

<色落ちチェックの方法>
洗剤の原液を目立たないところにつけ、5分後に白い布で押さえて色がつくようなら単独で洗いましょう。

汚れやシミの部分に前処理

ひどい汚れやシミの部分には前処理をしておきましょう。その後いつも通りにお洗濯をするだけで汚れ落ちが違います。

くわしくはこちら

洗濯機に入れる前に! ポケット点検、ファスナー、ボタンを閉じたか確認を。

洗濯機を使いこなそう

洗濯コースを使い分ける

一般的なコースの種類と洗濯の特長を紹介します。メーカーによってコースの名前や種類が異なるため、くわしくは取扱い説明書を確認してください。

■標準コース
最もよく使うコースです。普段のお洗濯に使います。

■手洗いコース(ドライコース・ソフトコース)
やさしい水流や軽めの脱水で衣類を傷めないように洗います。仕上がりを大切にしたいおしゃれ着を洗うときに使います。

■スピードコース(おいそぎコース)
洗い時間を短縮するコースです。時間のないときに便利です。

■大物洗いコース(毛布コース)
タオルケットや毛布、敷きパッドなどの大物洗いに使います。

  • 洗濯機を使いこなそう

  • コースの使い分けは、 節水・時短などのメリットも。

便利機能を賢く活用する

洗濯機には、コース設定以外にも便利な機能が備わっています。生活スタイルにあわせて上手に使いましょう。

■タイマー予約でラクラク
夜寝る前にセットして翌朝に洗濯物を干したり、外出前にセットして帰宅後に干すなど、いろいろな使い方ができます。

■専用投入口を使いこなす
洗剤や柔軟剤、漂白剤は洗濯機についている専用の投入口にセットしましょう。特に柔軟剤は、自動的に最後のすすぎのときに投入されるので便利です。
※洗濯機の機種によって場所と形状が異なるので、取扱い説明書を参照ください。

専用投入口を使いこなす

■ピンチのときの乾燥機能
洗濯物が乾きにくいときや、早く乾かしたいときなどに。乾燥機能が付いていれば30分ほど乾燥させてから干すと、洗濯物の乾きが早くなり、洗濯ジワも少なくなります。生乾きのときに20分ほど仕上げ乾燥として利用するのも便利です。

Page Top