応援!くらしのキレイ

【大掃除】窓周り編
これなら簡単!ブラインド・シャッター掃除術

2017.11.28 | 掃除・キッチンケア

【応援!くらしのキレイ】これなら簡単!ブラインド・シャッター掃除術

お天気の良い日は、窓周りの掃除に最適。寒くなる前に、普段なかなかできないブラインドやシャッターなど、面積が広い部分の大掃除を済ませましょう。

ブラインド掃除はアイテム使いが時短のポイント

静電気でホコリを吸着しやすく案外汚れているブラインド。簡単にできるお掃除のコツを紹介します。

はじめに、全体のホコリをサッとひとふき

基本のお掃除は、ブラインドの羽根を閉じた状態にし、「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」でなでるだけでOK。ふわふわの毛先がホコリをからめとって離さず、舞い上げずに簡単!ブラインドの裏側も、羽根を反転させて同様にお掃除しましょう。
*砂や土等の重いホコリや、量が多すぎると、取りきれないことがあります。

  • はじめに、全体のホコリをサッとひとふき

  • 柄が伸びるから、 高い場所もラクラクよ!

黒ずみ汚れには、リビング用洗剤の出番

ブラインドが黒ずんでいる場合は、全体をリビング用洗剤「マイペット」でふきましょう。2度ぶき不要なので、手間がなくラクラクです。
※水ぶきできない木製のブラインドはシミの原因になるので、からぶきをおすすめします。

■全体的な汚れ

【1】ブラインドの羽根を閉じた状態にします。

【2】「マイペット」のうすめた液を作り(アルミ製のブラインドの場合:水2Lに対してキャップ2杯(20ml))、雑巾をひたして、しっかりとしぼります。
※「マイペット」ご使用の際は、用途に応じた量を必ず水でうすめてから布等をひたし、しっかりしぼってお使いください。

【3】羽根の方向に沿って、ゆっくりと汚れをふき取ります。

ブラインド/全体的な汚れ

■部分汚れ

部分的に汚れが残っていたら、羽根を開き、汚れている部分を指ではさむようにしてふきます。
手を傷つけないために、炊事用手袋を着用しましょう。

ブラインド/部分汚れ

  • ブラインド/部分汚れ

  • 全体的な汚れ

シャッター・雨戸は住宅用そうじシートでラクにお掃除

シャッター・雨戸の外側は、排気ガスや雨風にさらされて、汚れが蓄積しているので、しっかりとお掃除しましょう。

汚れの多い外側は、水で流してから

【1】シャッター・雨戸を完全に閉じた状態にし、全体を水で軽く洗い流すか、水をたっぷり含ませた雑巾で軽くふきます。

【2】落ちない汚れには、「マジックリン ピカッと輝くシート 厚手パッド」を使います。シートのざらざら面を水で適度に濡らし、ふきます。大判の厚手シートなので、広い面積の汚れも快適にお掃除できます。シートが汚れたら、こまめに水洗いして使いましょう。

シャッター掃除

※マジックリン製品は、ご使用前に使用上の注意をよく読んでからお使いください。
※室外の汚れには砂粒が含まれているため傷がつきやすいので注意してお使いください。
※傷が入りやすいやわらかい材質のものは、目立たない場所で確かめてお使いください。
※拭き残りが気になるときは、流水で洗い流すかクロス等での仕上げ拭きをおすすめします。
※水に溶けないのでトイレには流さないでください。

室内側も案外汚れている可能性が…

砂などのホコリや汚れが入り込んでいる場合には、外側と同様に「マジックリン ピカッと輝くシート 厚手パッド」でふきましょう。

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

バルコニーの手すりや室外機も、“ついで掃除”

シャッターのお掃除ついでに、手すりやエアコンの室外機なども「マジックリン ピカッと輝くシート 厚手パッド」でふきましょう。雑巾では取れない汚れもラクに落とせます。
※マジックリン製品は、ご使用前に使用上の注意をよく読んでからお使いください。

バルコニーの手すりや室外機も、“ついで掃除”

Page Top