応援!くらしのキレイ

ダウンジャケットのお洗濯
【動画で見る】自宅でふんわりキレイに。ダウンジャケットの洗い方

2015.04.07 | 洗濯・衣類ケア

【応援!くらしのキレイ】ダウンジャケットのお洗濯 【動画で見る】自宅でふんわりキレイに。ダウンジャケットの洗い方

冬の間に活躍したダウンジャケット。おうちでの洗濯にチャレンジしてみては? コツさえ押さえれば、おうちでもふんわりキレイに仕上がりますよ!

「取扱い表示をチェック」しよう!

ダウンジャケットについているタグを見て、取扱い表示をチェックします。
従来表示: 洗濯機洗いマーク  や 手洗いマーク  または、新表示: 新表示 洗濯機洗いマーク,新表示 洗濯機洗いマーク,新表示 洗濯機洗いマーク  や 新表示 手洗いマーク  であれば、家庭での洗濯OK。
従来表示: 水洗いxマーク  または、新表示: 新表示 水洗いxマーク  がついていたら、家庭で洗濯できないので、クリーニング店におまかせしましょう。

※取扱い表示の見方は「早わかり!新しい「衣類の取扱い表示」」で紹介しています。
※フェイクファーは自宅で洗えます。取り外せないファーは、クリーニング店に。

【用意するもの】 
◎おしゃれ着用中性洗剤 「エマール」
◎柔軟仕上げ剤 「ハミング」、「フレアフレグランス」など
◎スポンジ

ファーは水洗いできないので、取り外してね

汚れがひどい部分には「前処理」を

エリやそで口の汚れには、水を含ませたスポンジに「エマール」の原液をつけ、軽くたたくように汚れを落とします。
全体が濡れてしまうと汚れが見えにくくなってしまうので、乾いているうちに処理するのがポイントです。

ダウンジャケットは「やさしく押し洗い」が鉄則

手洗いのステップ

【1】 エリやそで口などの汚れた部分を外側にしてたたむ

【2】 洗いおけや洗面ボウルに30℃以下の水をはり、「エマール」を入れて、洗濯液を作る
洗剤の量は使用量の目安を参考に。

ファスナーは閉じておくと、上手に洗えるわよ

手洗いのステップ 洗い(押し洗い・脱水)→すすぎ(すすぎ1回目・脱水・すすぎ2回目)→脱水

■洗い

【3】 たたんだまま洗濯液に浸し、やさしく押し洗い
「沈める」「浮かせる」を20〜30回繰り返す。

【4】 洗濯機で軽く脱⽔
脱水することで、すすぎの泡切れを良くする。
※脱⽔は洗濯機のドライ(⼿洗い・ソフト)対応コースで1分以内

■すすぎ

【5】 押し洗いの要領で、きれいな水で2回すすぐ
1回目のすすぎの後、水を捨てて短めに脱水。

羽毛が傷むので、もみ洗いやつかみ洗いはNGよ!

【6】 2回目のすすぎで柔軟仕上げ剤を入れる
ふんわり仕上げるため、全体に行き渡るように「沈める」「浮かせる」を繰り返す。柔軟仕上げ剤の量は使用量の目安を参考に。

■脱水

【7】 洗濯機で軽く脱⽔して完了!
※脱⽔は洗濯機のドライ(⼿洗い・ソフト)対応コースで1分以内

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

ロングジャケットは洗濯槽を洗いおけ代わりに!

ロングジャケットはかさばるので、洗濯槽を「おけ」の代わりにして押し洗いすると便利です。

ロングジャケットは洗濯槽を洗いおけがわりに!

自然乾燥で「中までしっかり乾かす」

【1】 脱水後はすぐに取り出す
シワや型くずれを防ぐため、脱水後は放置せず、すぐに取り出す。

【2】 厚みのあるハンガーで陰干し 
脱水後に羽毛がダンゴ状になっている場合は、ある程度乾いてから、はさむように両手で軽くたたいて形を整える。

【3】 室内で2〜3日干し、中の羽毛を完全に乾かす

自然乾燥で「中までしっかり乾かす」

【4】 乾いたら、羽毛が均一になるように整える
縦と横の両方から軽くふりさばいて空気を入れると、ふんわり仕上がる。

空気を含ませるようにふりさばくのがコツよ!

【5】 仕上げに防水スプレーをする
防水スプレーは目立たないところで試してから、換気の良い場所で。

【動画で見る】ダウンジャケットのおうち洗濯

Page Top