応援!くらしのキレイ

浴室・お風呂のカビ対策
浴室・お風呂周りをカビから守るお掃除テクニック

2014.06.10 | 掃除・キッチンケア

【応援!くらしのキレイ】浴室・お風呂のカビ対策 ひとり暮らし必見!浴室・お風呂周りをカビから守るお掃除テクニック

快適バスタイムもカビが生えたお風呂では台無し。特に一日中閉め切りがちなひとり暮らしでは、浴室の換気とカビが悩みの種。気持ちのいいバスタイムのためのかんたんケアを紹介します。

こまめな換気とお掃除で汚れを絶つことが大切

浴室は、カビの増える条件である、温度(20〜30℃)・湿度(70〜95%)・栄養分(汚れ)がそろっています。 カビ予防には、汚れを落とすことが大切です。
「バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス」なら、汚れを落とすだけでなく、水切れ成分を配合し、壁の水切れを良くしてカビの発生を防いでくれます。
凹凸がある壁や床は、ブラシを使うと効果的です。

こまめな換気とお掃除で汚れを絶つことが大切

カビの正体って?

カビはキノコの仲間で、胞子と呼ばれる小さな粒(植物の種のようなもの)の状態で空気中を漂っています。カビの胞子が湿り気と栄養分のあるところに落ちると、発芽して菌糸が出てきます。菌糸は、枝分かれしながら広がり、胞子が風にのって空気中に散らばります。

入浴後のちょっとした工夫でカビ知らず

STEP1
入浴やシャワーの後は、壁や床を中心にシャワー(お湯)で汚れを流します。シャワーカーテンも忘れずに。

STEP2
シャワーを水にして、浴室全体の温度を下げます。 

STEP3
窓を開けたり、換気扇なら3時間以上運転させ、換気します。
 
★換気フィルターにホコリがたまっていませんか?
換気効率が悪くなるので、3カ月に1度は掃除機で掃除しましょう。

カビの好む環境をつくらないってことね!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

床や排水口まわりなどに「ピンクの汚れ」を見つけたことはありませんか?
ピンク汚れの正体は、菌。
菌自体がピンク色のためピンクに見えます。この汚れを発生させないためには、ピンク汚れの原因菌をしっかり除菌する「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」でのお掃除がおすすめ!

床や排水口まわりなどの「ピンクの汚れ」

もし、カビをみつけてしまったら・・・

「強力カビハイター」を10cmほど離れたところからスプレーします。 約5分置いた後、水で洗い流してください。
※「強力カビハイター」は、必ず使用上の注意を確認してから使いましょう。
※使用の際は必ず換気をし、炊事用手袋・マスク・目の保護に眼鏡等を着用してください。

カビは生育すると落としにくいので、早めに対処してね。

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

汚れがカビを覆っている状態では、カビとり剤の効果が半減するので、浴室用洗剤で汚れをとった後がおすすめです。また、ぬれているとカビとり剤が薄まるので、水気をとってから使用しましょう。

Page Top