くらしの現場レポート

消費税8%増税前後の買い物
「安く買う工夫」や「メリハリ家計」が定着

2014.07.23 | 生活スタイル

【くらしの現場レポート】消費税8%増税前後の買い物 「安く買う工夫」や「メリハリ家計」が定着

2014年4月1日にスタートした8%消費税。増税は生活者の「購買行動」にどのような影響を与えたのでしょうか。20〜60代既婚女性を対象に、増税前後の「購買行動」とその「おもい」を調査したところ「暮らしの満足度」や「消費意欲」には大きな変化がみられないことがわかりました。調査からみえてきた日頃の「買い物スタイル」や10%増税に向けての意識について報告します。

8%増税後の「暮らしの満足度」は66%で、増税前と比べて変化なし

「暮らしの満足度」は、増税後も落ち込むことなく、2014年5月の調査でも「満足」と答えた人は66%と高いことがわかりました。「家計の引き締め意識」も「引き締めている」が6割弱で、前年5月とほぼ同じでした。
過去2年間の比較でも、「満足度」「引き締め意識」ともに増税後も大きな変化がみられないことがわかりました。

■暮らしの満足度

暮らしの満足度

首都圏在住20~60代既婚女性 500人*(花王 生活者研究センター調べ) *2012年5月のみ556人
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

増税前に前倒しで何かを購入した人は68%。「日用品・化粧品」の購入者は55%

増税前の半年間で、68%の人が増税対策として「今のうちに」と前倒しで何らかの商品を購入していました。「日用品・化粧品」を購入した人は55%で、購入商品のトップ3は「トイレットペーパー」、「衣料用洗剤」、「シャンプー」でした。また、「50〜60代夫婦2人世帯」での購入率が全般的にやや高めであることがわかりました。

■増税前の半年の間に前倒しで購入した人

増税前の半年の間に前倒しで購入した人

2014年3月30日 首都圏在住20~60代既婚女性 500人
(花王 生活者研究センター調べ)

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

増税後の購買行動は変化なし。これまでの「買い物スタイル」を継続

「安いお店探し」「ポイント活用」「ネットやスマホの利用」などで、日頃から「安く買う手段」を工夫し、それが定着している様子がうかがえました。また、いつも使っている日用品などはできるだけ安く購入し、自分にとって価値のあるものにはお金をかける「メリハリ家計」を実践して、お金と心の「ゆとり」を生みだし、暮らしを楽しんでいる様子もみえてきました。

(左)いつも使っている商品、安いとストックがあっても、つい買っちゃう (右)少しずつ貯金して、あこがれのワニ革財布を購入

(左)いつも使っている商品、安いとストックがあっても、つい買っちゃう
(右)少しずつ貯めたお金でワニ革財布を購入

10%増税に向けて、家計の「見直し意欲」は大幅にアップ

「家計の見直し」について、今回の8%増税前に「実施した」人は約20%にとどまりましたが、次回の10%増税に向けては、55%の人が「実施するつもり」と回答し、「見直し意欲」をみせています。
また、次回の増税前の「買いだめ」については、今回「購入した」人の87%、「しなかった」人でも27%が実施を検討していることがわかりました。今回の8%増税での経験や反省を生かし、次回の増税に向けて計画的に準備しようという意識が高いことがわかりました。

■増税に向けての意識

増税に向けての意識

2014年5月 首都圏在住20~60代既婚女性 500人(花王 生活者研究センター調べ)
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

調査概要

「2014年消費税増税前後の生活者 〜購買実態とそのおもい〜」
◎2012年5月、2013年1月・5月、2014年1月・3月・5月/インターネット調査/首都圏在住20〜60代既婚女性/2012年5月は556人、2013年1月・5月、2014年1月・3月・5月は各500人
◎2013年7月、10月、12月、2014年3〜4月(合計68日間)/レシート調査/首都圏在住30〜60代既婚女性/22人
◎2014年3月、4月/家庭訪問インタビュー/首都圏在住30〜60代既婚女性/5人

Page Top