くらしの現場レポート

20代“女子力男子”のスキンケア[1]
印象が大事。だから「美肌」にこだわる!

2014.05.07 | 若者

【くらしの現場レポート】20代“女子力男子”のスキンケアⅠ 印象が大事。だから「美肌」にこだわる!

たっぷりの泡でやさしく洗顔し、洗ったら化粧水をつける。近年、20代男性のスキンケア行動が女性に近づいてきています。通称、“女子力男子”と呼ばれる彼らは、どのようなスキンケア意識を持ち、なぜ「肌がきれい」であることにこだわるのでしょうか。20代男性のスキンケアに対する行動変化とその背景について報告します。

20代男性の約半数が、スキンケアに気をつかっています

20代男性が洗顔料を使って顔を洗うのは当たり前。それに加えて化粧水、乳液、美容液のいずれかを使っている人が48%と、約半数がスキンケアに気を使っていることが判明。肌への強いこだわりをもつ彼らは、スキンケアとともに「服装・髪型・体型」までトータルに気を配っている様子がうかがえました。

■20代男性の主なスキンケア品の使用率

20代男性の主なスキンケア品の使用率

20代男性 1,032人(花王 生活者研究センター調べ)
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

スキンケアをする理由は「人から評価されたい」と「今の若さを維持したい」

スキンケアをする理由は、印象を良くして「人から評価されたい」という欲求と、「今の若さを維持したい」の大きく2つ。彼らの彼女や妻も、「肌はきれいな方がいい」「肌がきれいだと仕事がデキる人にみられそう」と、彼らのスキンケア行動を積極的に応援しています。

スキンケアを行う男性が増えてきた社会背景とは?

彼らは「男は男らしく」という意識が希薄な世代で、女性の行動を “自分事”として素直に取り入れます。おしゃれなライフスタイルを牽引してきたHanako世代の母親からアドバイスを受けることも。一方、先行き不透明な時代にあって、厳しい就労環境を生き抜くためには、内面や実力だけではなく、外見や印象も大事であり、スキンケアもその一環ととらえています。
※Hanako世代:1959〜1964年生まれの女性。1988年創刊の雑誌「Hanako」の読者世代でバブル期の消費を牽引。

母親からのアドバイスで使いはじめる男性も多い

母親からのアドバイスで使いはじめる男性も多い

今日から始める、メンズ・スキンケア

彼らの9割以上が、「きれいな肌の方が印象が良い」とスキンケアのメリットを評価。スキンケアが男性の間で自分の価値を高める手段として評価され始めています。男性には「ベタつくのに乾燥する」という肌意識があります。スキンケアを始める人は、丁寧な洗顔としっかりとした保湿が大切です。

■肌への意識・肌へのこだわりについて

肌への意識・肌へのこだわりについて

スキンケア品を使用している20代男性 492人(花王 生活者研究センター調べ)
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

調査概要

「20代男性の美容意識と実態」
◎2011年5月〜6月/インタビュー/首都圏在住20代男性12人、対象者の彼女・妻6人
◎2011年10月/インターネット調査/首都圏在住20代男性/1,032人

Page Top