達人コラム

作家・エッセイスト 横森理香さん
プラス思考で、今の自分を楽しんで

2016.03.23 | おとなの女性

【達人コラム】作家・エッセイスト 横森理香さん

女性の40代半ばは、自分と周りのさまざまな変化が重なって心と体の不調が出やすい時期。ご自身もさまざまな不調に悩まされたものの、楽しんで前向きに乗り越えた経験を持つ作家・エッセイストの横森理香さんに、先輩としてアラフィフの今を楽しむコツをお聞きしました。

40代は何かとつらい時期。我慢しないで前向きに対処しよう

くらしの現場レポート:変化が重なりゆらぐアラフィフ女性 自分なりの解消法で、心と体を整える』から、40代の皆さんがストレスや不調に向き合い、がんばっている様子が伝わってきました。自分のことを思い返しても、私も40代が一番つらい時期でした。今まで経験したことのない体力の低下や、ホットフラッシュ、睡眠の質が下がって眠れないなど肉体的な問題が起こってくるし、やたらと頭に来たり、落ち込んだりすることもありました。レポートで、ストレスの原因に「夫」というのがありましたが、これもすごく納得!夫が同年代だと男性もまた更年期に入っているので、お互いイライラしちゃうんです。私自身は子宮筋腫や卵巣嚢腫などの婦人病もあったのでさらに大変で、40代半ばから50歳前後は不調のオンパレードでした。

私はもともと健康オタクなので、この不調を改善するべく、サプリメントやハーブティ、食事、ボディケア商品などいろいろ試しました。「更年期外来」も受診。自分と年の近い女性の先生からの言葉は心強く、自分に合った処方をしてもらえたことでずいぶんと楽になりました。皆さんも、前向きな気持ちで楽しく乗り切るために、自分なりの対処法を見つけてみるとよいと思います。

心と体をメンテナンスして、自分に磨きをかけよう

40代半ばくらいのつらさや不調は女性なら誰にでも訪れる、その後のすてきな人生を送るための通過点と考えてみたらいかがでしょうか。年を重ねることでその年齢なりの味わいを深め、女性としての質が高まっていくのです。名器と言われる年代物のバイオリンがしっかりと手をかけることでいい音を奏でるように、アラフィフ女性もきちんとメンテナンスすれば、これからの人生でさらにいい音を奏で、輝くことができます。不調があるならば放置しないで、ライフスタイルを見直したり、いつまでも健康で元気でいるための心がけやお手入れを行き届かせるようにしましょう。

自分の時間を作って自分を観察することも大切です。そうすると、若い頃には感じ得なかった喜びみたいなものも出てきます。内面から磨くためには、何かを味わう時間もぜひ持ってみてください。

横森理香さん

一人で悩まないで、同年代の仲間と共感し合おう

レポートでもヨガやダンスをやっている人がいましたが、それはとてもいいと思います。私は「ベリーダンス健康法」の講師もやっていますが、体幹を鍛える緩やかな運動は、この年代の女性にうってつけ。私にとっては同年代の仲間と一緒に踊ってお茶したりおしゃべりをすることも、楽しくてかけがえのない時間です。一人じゃ陰々滅々になって体を動かそうという気力も失せてきますが、みんなで集まるとできてしまう。同年代のコミュニティの力のすばらしさを実感しています。

皆さんもお友達同士で集まって、女子会などをやってみてはいかがでしょうか。結局、今のつらさを分かち合えるのはやっぱり同年代の女性です。相手もつらさや不安を抱えているかもしれないので、一方的に自分のつらさを聞かせるのではなく、相手の話にもちゃんと耳を傾け、持ちつ持たれつ、つねに相手を思いやることも忘れないようにしましょう。

ストレスも自分を鍛えるいいチャンス。プラス思考で乗り切ろう

50代になるとストレスを感じる人が少なくなるという報告がありましたが、私も50代になってとても楽になりました。いろいろつらい経験をした上で、「何があっても乗り越えられる」とわかったのです。つらく考えると負のスパイラルにはまって疲れるだけ。このままでは楽しくないとわかれば、なんとかしなくちゃと思えてきます。結局、自分の調子を上げられるのは自分しかいないんです。悩みやストレスも自分を鍛えるいいチャンスだと、プラス思考で受け入れてみましょう。でも、一人でがんばりすぎずに、周りの助けを上手に借りることも大切です。

40代はまだ若さや美しさへの執着がありますが、50代になるといい意味で開き直れる。女性ホルモンも低いなりに安定するので体調もそれなりに落ち着き、活動的になって楽しく生活できるようになります。生きている限り否応なしに年を取るのですから、いつだって「今日が一番若い日」なんです。だから前向きに楽しまないとソン。今はつらくてもこれがずっと続くわけではないから大丈夫。明けない夜はないのです。楽しく乗り切りましょう!

Profile

作家・エッセイスト 横森理香(よこもりりか)さん

作家・エッセイスト
横森理香(よこもりりか)さん

1963年生まれ。多摩美術大学卒。現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評がある。近著『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーに。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、海外で翻訳出版されている。 また、「ベリーダンス健康法」の講師でもあり、主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。『50歳から誰よりも輝くアンチエイジング魂』『ずーっと♡幸せが続く生き方』他、著書多数。

Page Top