Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

カラリ? ムレムレ?
「ショーツ内気候※1」をチェック!

月経中のジメつき危険度は?

あなたのショーツ内は熱帯雨林気候!?

カラリ気候をキープするナプキンライフ

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
02
あなたのショーツ内は熱帯雨林気候!?

■月経中の悩みは「ムレ」がトップ

 月経中の悩みというと、月経痛やPMS(月経前症候群)がクローズアップされがちです。でも、アンケート調査によると、女性が実際にもっとも悩んでいるのは、「ムレ」であることがわかりました。
 月経痛が30%、PMSが約21%なのに対し、「経血や汗、ナプキンなどによるムレを感じる」と答えた人は約40%。なんと2.5人に1人がムレに悩まされているという結果が出たのです。また、「ナプキンのこすれなどによる不快感」をあげた人も約33%に達しました。
 月経中、女性を悩ませる最大の原因は、ムレやこすれなどの「肌ストレス」だったのです。

月経で悩んでいることや気になること(花王調査より/複数回答)


N=500人


■超ウエットな環境が肌ストレスの原因に

 月経のときに起こるデリケートエリアの肌ストレスは、ショーツ内の湿度に大きな関係があります。
 ナプキンを使っているとき、肌に接するナプキン内の湿度を調べてみたところ、平均85%以上という結果が出ました。これを気候の分け方にあてはめると、なんと熱帯雨林気候! 熱帯雨林の湿度は80%程度といわれますから、それを上回るジメつき度だったのです。
 ところが、デリケートエリアの肌はまさにデリケート。からだのなかでもまぶた以上に角層が薄いため、ただでさえ肌ストレスを感じやすいところなのです。
 月経中のようにデリケートエリアが高湿度になると、角層がふやけてしまうので肌ストレスが起こる危険度がアップ。特に月経量が多いときは、その傾向がいっそう強くなります。一方、経血量が少ないときは、ナプキンのこすれによる肌ストレスが生じます。つまり、月経中を通じて、私たちは肌ストレスの危険にさらされているのです。

ナプキン・ショーツ内湿度
※当社従来品使用の場合(花王生活文化研究所調査より/複数回答)


N=500人

010203  |

 
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...