Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

婦人科へ行こう!(1)準備編

婦人科基礎知識
Q&A

服装・持ち物チェック

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
02
服装・持ち物チェック

●服装はゆったりしたスカートがおすすめ

 内診は下着を脱いだ状態で診察するので、フレアースカートやプリーツスカートなど、内診台の上でめくれるゆとりのあるスカートがいいでしょう。下着を脱ぐだけですむので、パンツよりスムーズに診察できます。着脱に時間がかかるようなブーツやボディスーツなどは、避けた方がいいでしょう。

●基礎体温表をつけている人は持っていきましょう

 問診では必ず、前回の月経日や周期を聞かれます。基礎体温表をつけている人は、忘れず持っていきましょう。基礎体温表を見れば、月経の周期だけでなく、グラフが低温期と高温期の2相になっているか、すなわち排卵しているか、ホルモンは順調に出ているかなども確認できます。
 つけていない人は、この機会につけてみませんか? 特に月経不順や不妊で悩んでいる人は、つけることで、原因や解決法が見つけやすくなります。

●念のためナプキンを持参しましょう

 腟に薬を入れたり、検査によっては出血したりすることもあるので、ナプキンを用意しておくと安心です。病院にもナプキンの用意はあるので、忘れて困ったときは遠慮なく聞いてください。また、病院によってはタンポンを入れてくれることもあります。その際は、出し忘れないように気をつけましょう。
 子宮頸がん、クラミジアの検査では、子宮の入り口部分、子宮体がんの場合は、器具を使って子宮内膜の細胞をとって調べます。この時、細胞をこすりとることで傷ができ、出血してしまうこともあります。

●外陰部は必要以上に洗わないでください

 内診の前には外陰部を消毒するので、特に洗っていく必要はありません。いつも通りで大丈夫です。逆に、診察だからといって腟の中まで必要以上に洗わないこと。おりもの検査をする場合など、正しい結果が出ないこともあります。

●トイレは…

 腹式超音波検査をする場合は、尿がたまっていたほうが子宮の状態が見やすくなります。逆に、腟式超音波検査や内診、子宮がん検診は尿をすませてから行います。尿検査をする場合もあるので、あらかじめ行っておく必要はとくになく、指示を受けてから病院ですますといいでしょう。

0102  |

 
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...