Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

女性の病気シリーズ(1)
子宮の病気

こんな症状
ありませんか?

子宮のしくみ

主な子宮の病気

子宮筋腫

子宮内膜症

子宮頸管炎

子宮内膜炎

子宮腟部びらん

子宮頸管ポリープ

子宮頸がん

子宮体がん

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
03
主な子宮の病気

子宮頸管炎

◆特徴と原因

 子宮の下部にある子宮頸管が病原菌に感染して炎症が起きる病気。多く見られるのは、腟炎から菌がのぼってきて炎症を起こすケースです。とくに子宮腟部びらんがあると、感染しやすくなります。
 原因となる菌は大腸菌やブドウ球菌をはじめ、淋菌や結核菌などもありますが、最近、増えているのがクラミジアによる感染です。クラミジア感染症はSTD(性感染症)のひとつで、おもにセックスの接触によって感染します。

◆症状

 膿のような黄色いおりものが多くなります。また、頸管の粘膜が炎症でただれているので、セックスなどのあとに出血することがあります。
 なお、淋菌やクラミジア感染症の場合は、自覚症状があまりないのが特徴。そのため、慢性化して不妊の原因になる場合もあります。

◆治療

 原因となる菌に合わせて抗生物質を使用します。クラミジア感染症の場合は、パートナーも一緒に治療を受けることが必要です。

010203  |

 
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...