Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

女性の病気シリーズ(1)
子宮の病気

こんな症状
ありませんか?

子宮のしくみ

主な子宮の病気

子宮筋腫

子宮内膜症

子宮頸管炎

子宮内膜炎

子宮腟部びらん

子宮頸管ポリープ

子宮頸がん

子宮体がん

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
02
子宮のしくみ

 子宮は洋ナシをひっくり返したような形をしています。大きさは、20~40代には鶏卵くらいですが、閉経のころからだんだんと小さくなって親指大くらいまで縮みます。
 ここでは、子宮のイラストを見ながら、どんな場所にどんな病気が起こりやすいのかを解説しましょう。

[子宮体部]

子宮の上部3分の2を占めるふくらんだ部分。
●起こりやすい病気→子宮筋腫、子宮体がん、子宮腺筋症(子宮内膜症)

[子宮頸部]

子宮の下部3分の1を指す。子宮体部から続く細くくびれた部分。
●起こりやすい病気→子宮筋腫、子宮頸がん

[子宮口]

子宮の開口部で、月経血や分泌物はここから出る。

[子宮底]

子宮のもっとも上の部分。

[子宮腔]

子宮内部の空洞になった部分。

[漿膜]

子宮の外側をおおっている薄い膜。
●起こりやすい病気→子宮筋腫、子宮内膜症

[子宮筋層]

厚さ1~3cmの筋肉の層。伸縮性のある丈夫な筋肉で、妊娠時には子宮の大きさが30~35cmまで伸びる。
●起こりやすい病気→子宮筋腫、子宮腺筋症(子宮内膜症)

[子宮内膜]

子宮の内側をおおっている粘膜。女性ホルモンの働きで周期的に厚くなったり、はがれ落ちたりして、月経が起きる。
●起こりやすい病気→子宮内膜炎、子宮体がん

[子宮頸管]

子宮頸部の内側、子宮腔と子宮口の間の部分。
●起こりやすい病気→子宮頸管炎、子宮頸管ポリープ

[子宮腟部]

子宮のいちばん下の部分で、腟に面している。
●起こりやすい病気→子宮腟部びらん、子宮頸がん

010203  |

 
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...