Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

男性のからだ

男性の性器

勃起と射精

男性のからだQ&A

からだの情報一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
01
男性の性器

男性の性器は、外から見ることができる「外性器」と、からだの中にある「内性器」に分けられます。外性器は、ペニス(陰茎)と陰のうから成り立ち、内性器は、精液などをつくり送り出すためのさまざまな器官から成り立っています。

外性器

(1)ペニス(陰茎・いんけい)

 ペニスは、日本語では「陰茎(いんけい)」、いわゆるオチンチンのことです。「ペニス」という言葉は、もともとラテン語で“しっぽ”という意味だとか。ペニスの先が「亀頭(きとう)」と呼ばれるところで、女性のクリトリスにあたる敏感な部分です。
 ペニスは人によって形や大きさ、曲がり具合などが異なりますが、機能には大差ありません。また、ともすればペニスの大きさが男らしさを表すようにいわれがちですが、勃起(ぼっき)して4cm以上あればセックスに支障ないことが医学的にも実証されており、形や大きさと男性の性的能力は、まったく関係ありません

(2)陰嚢(いんのう)

 精巣(睾丸・こうがん)と精巣上体(副睾丸・ふくこうがん)の入った袋を、「陰嚢(いんのう)」といいます。
 精巣は精子をつくるところですが、精子は熱に弱いため、体温よりもやや低めの温度が適温です。そこで、陰嚢の表面には、伸び縮みができるように細かいしわがあり、寒いと縮んで精巣をからだに引き寄せ、暑いと伸びて精巣をからだから遠ざけるようになっています。
 また、このしわのおかげで陰嚢の表面積が広がり、効率よく放熱できるというわけ。つまり陰嚢は、中の温度を精子をつくるのに適した32~34℃に保つための、ラジエーターの役割を果たしているのです。

内性器

(3)精巣(睾丸・こうがん)

 精子と男性ホルモンをつくる器官で、女性の卵巣にあたります。精巣は、睾丸(こうがん)とも呼ばれ、楕円形をしたタマが、ふたつ別々に陰嚢の中に入っています。
 精巣の中には、「精細管」と呼ばれる細い管がつまっていて、1日に7千万から1億個ぐらいの精子を生産しています。

(4)精巣上体(副睾丸)

 精巣の上にあり、精細管でつくられた精子を一時たくわえておく役割をしています。

(5)精管

 精巣上体から出ている長さ35~40cmほどの精子の通り道。前立腺の中で、尿道とつながっています。

(6)精嚢(せいのう)

 精子の運動をよくする液体を分泌しています。

(7)前立腺(ぜんりつせん)

 精管と尿道が合流する部分で、精子の運動をよくする液体を分泌して前立腺からの分泌液が、精子とブレンドされ、「精液」ができあがります。

(8)尿道

 尿道は、ふだんは文字通り尿の通り道ですが、射精の時には、精液の通り道となります。

もとは1つのものだった男女の性器

 男女の性器の外見は、ずいぶん違って見えますが、もとは1つのもの。胎児の未分化の性器(性腺原基)は、女性型なのですが、性染色体上男性の場合は、ある時点から男性ホルモンが分泌されるようになり、その作用で性器が男性型に変わっていきます。
 たとえば男性の「陰嚢」は、もとは女性の「大陰唇」にあたる部分。胎児の頃、男性ホルモンの影響で、ひだがどんどん伸びていって、それがくっついて袋になったものなのです。ですから、陰嚢の裏側の中心部には、縫い目のような盛り上がった線があるというわけです。
 このほか、ペニスの亀頭とクリトリス、ペニスの茎部と小陰唇、精巣と卵巣など、すべてもとは同じものです。

010203  |

 

肌にやさしい生理用品部門 @cosmeクチコミランキング 2年連続 第1位。ロリエ エフ しあわせ素肌

New ロリエ 超吸収ガード。特に多い夜も! 朝までぐっすり

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...