Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

更年期と更年期症状

更年期とは

更年期症状

更年期症状の治療

更年期Q&A

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
04
更年期Q&A

「ロリエHP」読者の皆さんから寄せられた、疑問や質問にお答えします。

Q.更年期は、何歳頃から始まるのですか?(福岡県中間市 まーちゃん)

A.いわゆる更年期とは、医学的には40~60歳ですが、一般的には閉経前後の数年間をいいます。個人差が大きく、人によって違いますが、45歳くらいから更年期症状を自覚する人が多いようです。

Q.更年期障害は、誰もが経験するものなのでしょうか?(北海道旭川市 エルザ)

A 更年期は、誰もが通過する人生のステージですから、ほとんどの人が何らかの更年期症状を自覚します。しかし、すべての人が重い更年期障害に悩んでいるわけではありません。
 治療を必要とするような強い症状の出る人は、10~20%程度であるといわれています。

Q.「閉経」は、どの時点のことを言うのですか?(大阪府吹田市 もしもし)

A.更年期になると月経の周期が乱れ始めますが、「閉経した」というのは、最終月経から1年間たった時点となります。

Q.43歳の主婦です。一昨年から月経不順になり、月経がなくなりました。一度病院に行ったとき、「育ちつつある卵胞はある」と言われましたが、変化はありません。
 ここ2、3カ月、ほんの少しだけ出血があるのですが、40代前半でも閉経することはあるのでしょうか?(兵庫県神戸市 ぺぺ)

A.年齢的には、十分考えられます。ただし、卵胞ホルモン(エストロジェン)は完全にストップしてしまうわけではないので、これに反応して出血する(無排卵性月経)ことが多いのです。
 また、40代からの不正出血は、子宮がんなどの病気も考えられますので、がん検診は、年に1度、必ず受けるようにしてください。

Q.母がまもなく更年期を迎えます。そのような母のことを、いちばん理解できるのは、家族の中で一人娘の私じゃないのかなと思っています。
 でも、実際どんなふうになるのかもあまり知らないし、それに対してどう対処していいのかもわかりません。ぜひ、教えてください。(岡山県笠岡市 ぴよ)

A.いちばんのアドバイスとしては、ふだんから親子で話題を共有し、気軽に話し合える関係でいることです。お母さんにつらい症状があらわれたとき、それを訴える相手がいるだけでも、ずいぶんラクになるのではないでしょうか。
 また、症状が強い場合には、積極的に病院へ行くようにアドバイスしてあげてください。更年期症状は、治療によって、かなり緩和されるものです。

Q.更年期症状は、いつ頃まで続くものなのでしょうか?(石川県金沢市 みや)

A.ホルモンの変調に慣れるには個人差がありますが、のぼせやほてりといった症状は、ふつう3~4年、長いと10年くらい続くこともあります。
 精神的な症状は、環境や性格的なことにも左右されるため、ストレスや悩みを抱えている人は長引く傾向があるようです。
 ただし、骨粗鬆症や動脈硬化などは、自然に回復することはありません。

Q.更年期障害の重さは遺伝するのでしょうか? 母がつらそうだっただけに心配です。(東京都調布市 うさこ)

A.遺伝的に体質が似ていれば、更年期症状も似るかもしれません。しかし、更年期症状は、それ以外にも環境や性格的なことが大きく関係しますので、必ずしも同じようになるとは限りません。

Q.男性にも、更年期はあるんですか?(岡山県岡山市 まや)

A.女性は閉経によって生殖能力がなくなりますが、男性にはそのようなことはありません。しかし、男性の場合も、年齢とともに性巣(睾丸)でつくられる男性ホルモンが減少していきます。
 この変化は、女性にくらべてゆるやかなため、症状があらわれにくいのですが、程度の差はあってもホルモンの変動があるのは同様です。更年期症状としては、イライラや疲労感、不眠、憂うつ、のぼせなど、女性とほぼ同じものがあげられます。

01020304  |

 
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...