Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

更年期と更年期症状

更年期とは

更年期症状

更年期症状の治療

更年期Q&A

分野別テーマ 一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
03
更年期症状の治療

不快な症状も、適切な治療によって軽減できます。治療が必要かどうかは、本人が苦痛を感じているかどうかで決めることですが、更年期は生活習慣病が発生し始める時期でもあります。おかしいなと思ったら、がまんしすぎないで、早めの受診を心がけましょう。
また、年に1度は全身的な定期検診を受けることも必要です。

対症療法

 それぞれの症状に合わせた薬を使って、苦痛を軽減します。精神症状にも効果があり、睡眠薬、精神安定剤、抗うつ剤などが使われます。

漢方療法

 からだ全体の調子を整えるという考え方の漢方療法は、いくつもの不定愁訴が重なる更年期症状に向いているといえます。自律神経の不安定状態によく効き、副作用も少ないので、広く使われています。
 漢方は、体質によって、同じ症状でも使う薬がちがいますので、漢方に詳しい医師や薬剤師に相談して服用するようにしましょう。

女性ホルモン補充療法

 約40年ほど前に欧米で始まった治療法で、更年期に不足する女性ホルモンを薬で補うものです。当初は、卵胞ホルモン(エストロジェン)だけを投与していましたが、効き目もある反面、子宮体がんの発生率が増えるという問題がありました。
 そこで、さらに研究が進められた結果、子宮体がんを予防する働きのある黄体ホルモン(プロジェステロン)も加えられ、現在の女性ホルモン補充療法が確立されました。
 日本では1990年頃から産婦人科を中心に広まり始め、現在、さまざまな更年期症状の緩和に効果を上げています。最近では、骨粗鬆症、動脈硬化の予防にも有効であることが確かめられてきました。
 女性ホルモン補充療法で使われる薬やその投与法は、人によって違います。また、持病や既往症によっては、適用できない場合もあります。そのため、事前の検査と十分なインフォームド・コンセントが必要となります。

01020304  |

 
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...