Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ロリエ

妊娠のメカニズム

妊娠の成立

妊娠の経過

妊娠のサインと診断

妊娠中のトラブル

妊娠についての
Q&A

からだの情報一覧
用語解説 参考文献

監修/

河野産婦人科クリニック院長
河野美代子先生
プロフィール

 
03
妊娠のサインと診断

妊娠すると、女性のからだには独特の兆候があらわれます。さまざまな自覚症状と、妊娠の診断についてまとめてみました。

妊娠の自覚症状

・月経の遅れ

月経予定日を2週間過ぎても、月経が来ない場合は、可能性が強くなります。この時点で産婦人科を受診すると、確実に診断できます。

・乳房の変化

ホルモンの作用によって乳腺が発達するため、乳房全体が張ってきます。また、乳首が黒ずんだり、チクチクすることもあります。

・基礎体温で高温期が続く

 月経予定日になっても、基礎体温が下がらず、高温期が続きます。3週間以上続けば、まず妊娠していると思って間違いないでしょう。

・つわり

早い人では、月経予定日を2週間過ぎたぐらいから、空腹時や朝の起き抜けに、吐き気やむかつきを感じます。胃のもたれ、生つば、食べ物の好みの変化なども、つわりの症状です。

・その他

月経予定日の頃に、「着床時出血」といって、少量の出血を見ることがあります。このほかにも、眠くなる、からだがだるい、イライラする、おりものが増える、頻尿など、さまざまな変化があらわれます。

妊娠の診断

・確定は産婦人科で

 妊娠したかもしれない、と思ったら、早めに産婦人科を受診しましょう。
 妊娠は病気ではないため、健康保険の対象になりません。病院によって違いますが、お金は多少多めに(1万円以上)用意して行くようにしましょう。
 診察は、だいたい以下のような順序で行われます。内診もありますから、服装は着脱しやすいものを。ふんわりしたスカートが便利です。

問診

 最終月経の始まった日、月経の状態、過去の妊娠、常用している薬などについては、まとめておきましょう。基礎体温表をつけている人は、持って行きます。

尿検査

 妊娠すると女性ホルモンの分泌が増えますが、妊娠初期には、とくにヒト絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドロピン(HCG)というホルモンがさかんに分泌され、尿や血液中に出てきます。このため、尿検査でこのホルモンが出ていれば、妊娠が確認できます。

超音波エコー検査

 子宮の中の胎児の画像を映し出して確認します。

内診

 妊娠すると、子宮や腟が変化するので、視診や触診で確認できます。

診断

 現在の妊娠週数と分娩予定日が告げられ、その後の健診の指示をされます。

その他検査

 尿検査や血液検査、血圧の測定などをして、母体の健康状態をチェックします。

・妊娠判定薬について

 市販の妊娠判定薬も、しくみは病院の尿検査と同じです。使い方は商品によって多少異なりますが、尿を採取して試薬につけ、指定された時間静かに放置すると、試薬の変化で判定できます。
 注意書きどおりに正しく使えば、精度も高いものです。ただし、これは妊娠しているか否かがわかるだけです。子宮外妊娠や流産などのチェックはできませんし、使い方によっては、反応が出ないで妊娠を見逃すこともあります。結果が陰性と出ても、その後1週間たって月経がなければ、必ず産婦人科を受診しましょう。
 妊娠検査薬は、あくまで自己判断のひとつです。妊娠の確定は、やはり産婦人科で行われます。出産を望む場合は、その後も産婦人科にかかるわけですから、はじめから診察を受けたほうが早道といえるでしょう。また、出産できない人は陽性が出たら早く産婦人科を受診しましょう。悩んでいるうちにアッという間に時期が経ってしまいます。

0102030405  |

 

パワーUP! 瞬間吸収量2倍! しかも! ゴワゴワしない! ロリエ 超吸収ガード。特に多い夜も! 朝までぐっすり

肌にやさしい生理用品部門 @cosmeクチコミランキング 2年連続 第1位。ロリエ エフ しあわせ素肌 生理中の敏感肌に

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...