Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

キーピング アイロン前にシュッ!

アイテム別のアイロンレシピ

「デザインブラウス」は
ディテールまできれいに

  • 絵表示を確かめて適温で
  • ダーツは裏側からたおしてかける
  • フリルやギャザーはアイロンの先を使って

アイロンは基本をおさえてかけます

家庭洗濯できるものはキーピング スムーザー アイロン用シワとり剤を使ってアイロンをかけます。 すべりがよく、洗濯ジワもキレイに取れます。

手順はワイシャツと同じです

  • ダーツ
    ダーツやそでのギャザーなど、立体的でかけにくい部分も、コツをつかめば見違えるほどキレイに仕上がります。
  • そで

    そで下の縫い目をもとに、手で全体を整えます。そで山に折り線がつかないように、そで山をアイロン台から落としてかけます。少しずらして、最初にかけなかったそでの中心部をかけます。

    • ※ギャザーがある場合は、たたんだバスタオルを縫い目ぎりぎりまで入れ、アイロンの先を使ってかけます。
  • ビーズや刺繍、レースなどの飾りがついている時は…
    刺繍部分は、少し高くなっていて熱の影響も心配。裏からスチームアイロンで軽く押さえるようにかけましょう。レース部分にはタオルをしき、裏側からかけるとふわっとキレイに仕上がります。
  • フリル・カットワークは…

    アイロンの先を利用して、つぶさないよう左手で広げながら少しずつ丁寧にかけます。

    • ※フリル部分は、お洗濯後干す時に、手で伸ばすようにして形を整えておきます。このひと手間で後のアイロンがけがグッとラクになります。
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group