Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

キーピング アイロン前にシュッ!

ワイシャツのアイロンがけ

ワイシャツのアイロン法
動画でマスター

  • STEP1 エリ

    • まず裏からかけるのがポイント。表がきれいに仕上がります。
    • エリ先にシワが寄らないように、エリ先から中心へ動かして。
    • 空いている手で布を引っぱりながらかけます。左半分は、アイロンを左手に持ち替えるとらく。
    • 表も同様にかけます。
  • STEP2 肩

    • ヨーク(生地が二重になっている部分)の下10cmくらいで軽く折り返してたたみ、エリを立てた状態にして、アイロンをかけやすくします。
    • ※折り返したところのシワは、あとでアイロンをかけます。

    • ヨーク部分は、生地が二重になっているので、しっかりアイロンをかけましょう。

    • エリの縫い目部分は、アイロンの先端を使って、細かくかけて。
    動画を見る
  • STEP3 そで口

    • まず、「カフス」の部分から。裏からかけると、表がきれいに仕上がります。
    • シワがよらないように、端から中央にむかってアイロンをかけます。表も同様にかけて。

    • そで口のアキ部分も裏からかけましょう。

    • そで口のアキ部分の表も同様にかけましょう。

    • そで口の「タック」の部分をととのえます。カフスを2つに折って、台にのせて“ひだ”を自然にととのえます。

    • ひだの上からそっと押さえるようにアイロンをかけます。
    動画を見る
  • STEP4 そで

    • そで下の「縫い目」をまっすぐのばし、平らに広げましょう。縫い目をひっぱりながらしっかりアイロンをかけます。

    • そでぐり→そで山までかけます。
    • 裏返して、そで全体を軽くかけます。
    動画を見る
  • STEP5 身ごろ

    右前身ごろ→後ろ身ごろ→左前身ごろの順番で!
    一番目立つ「左前身ごろ」を最後にして、シワなく仕上げよう。

    ★右前身ごろ
    • 脇の縫い目を引っぱって平らにして、全体をかけます。

    • ボタンまわりは、アイロンの先をボタンの間に入れて押さえます。
    • アイロン台のまんなかに、右の脇の縫い目を置き、ひっぱりながら、シワをのばします。

    ★後ろ身ごろ
    • 手で全体のシワをのばします。アイロンをゆっくり動かして、全体をかけます。
    • タックのあるものは、手で“ひだ”をととのえてから、軽く押さえるようにかけます。タックのラインは、すそまでつけても、途中で消しても、好みでOK。
    • 左の脇の縫い目をひっぱりながら、アイロンをかけ、シワをのばします。

    ★左前身ごろ
    • 前立て(ボタンホール部分)を引っぱりながら、しっかりアイロンをかけます。

    • ポケットは、下から上へすべらせるようにかけます。
    • 全体をシワなく仕上げます。
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group