Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

若い頃より、なんだか脂肪がつきやすい… その原因の1つは加齢による基礎代謝の低下

基礎代謝とは、呼吸や体温調節などに使われるエネルギー。1日の消費エネルギーのなんと約70%を占めています。
しかし、基礎代謝は、15歳前後をピークに年齢とともに低下します。その結果、体に脂肪が増えてしまうのです。

加齢による基礎代謝量の変化

「日本人の食事摂取基準(2015 年版)策定検討会報告書」(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000083869.pdfを加工して作成

脂肪はどうやって体にたまるの?

1.食事で摂った脂肪は、小腸で消化・吸収され、血液と一緒に運ばれます。 2.脂肪は肝臓や筋肉で燃やされ、エネルギーになって消費されます。 3.燃やせなかった脂肪は体にたまります。

しかし、基礎代謝が下がった体の中では…

燃やせない脂肪が増えてどんどんたまってしまうのです!

※簡略化の為、小腸での分解や肝臓での合成、また糖質代謝については省いて記載しています。

脂肪をためない・減らすためにはどうしたらいいの?

「脂肪を燃やす力」を高めることがカギ!

体が本来持っている「燃やす力」を高めると、効率よく脂肪を消費できるようになります!
実は、身近な食品に「燃やす力」を高める成分を含むものも。
それらを暮らしに取り入れるのも、賢い方法の1つ!

「動く」と「食べる」も大切!

「動く」ときのコツ

スポーツでなくてもOK。普段の生活で消費量は増やせます!

例えば
  • ・階段を使う
  • ・「歩く」「座る」の姿勢を正す!

「食べる」ときのコツ

量を減らすだけでなく、脂肪をため込みにくくする食べ方を!

例えば
  • ・野菜から食べる
  • ・朝食を食べる

監修:古井祐司先生(東京大学政策ビジョン研究センター 特任助教/医学博士)

いつもの暮らしで、脂肪の「燃焼力」を高めるために!

高濃度茶カテキンを摂ろう!

茶カテキンは、緑茶葉に含まれるポリフェノールの一種。
高濃度茶カテキンを継続摂取することで、脂肪を燃やす体内酵素を活性化します。
だから、体の「脂肪を燃やす力」が高まり消費する脂肪の量が増えるのです!

高濃度茶カテキンの働き「“炎”の1つ1つを大きくして脂肪をたくさん燃やすイメージ!」

高濃度コーヒークロロゲン酸を摂ろう!

コーヒークロロゲン酸は、コーヒー豆に含まれるポリフェノールの一種。
高濃度コーヒークロロゲン酸を継続摂取することで、脂肪を燃焼器官に取り込む効率を高めます。
だから、体の「脂肪を燃やす力」が高まり消費する脂肪の量が増えるのです!

高濃度コーヒークロロゲン酸の働き「“炎”の中に脂肪をどんどん運び込んで、脂肪をたくさん燃やすイメージ!」

※簡略化の為、小腸での分解や肝臓での合成、また糖質代謝については省いて記載しています。

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...