キレイに差がつく、
簡単ヘアケア術

HAIR CARE

キューティクルを傷つけにくいシャンプーテク

キューティクルを傷つけにくいシャンプーテク

キューティクルを傷つけにくいシャンプーテク

実は、洗い方ひとつで髪へのダメージを減らすことができるんです。パッと洗えて髪にやさしいシャンプー術をマスターしましょう。

シャンプー前に髪のもつれをササッととく 髪がもつれたままシャンプーすると、洗うとき無理な力がかかり、ダメージの原因に。 予洗いで泡立ちアップ 髪と地肌を十分に濡らすだけでシャンプーの泡立ちがアップ。たっぷりの泡は、髪同士の摩擦を軽減してくれます。 地肌の数か所にわけてつける 一か所につけるより、一気に泡立ちます。指の腹で地肌をマッサージするようにやさしく洗いましょう。 すすぎは念入りに 耳の後ろからえり足、生え際などは残りやすいのでしっかりすすぎましょう。

シャンプー前に髪のもつれをササッととく 髪がもつれたままシャンプーすると、洗うとき無理な力がかかり、ダメージの原因に。 予洗いで泡立ちアップ 髪と地肌を十分に濡らすだけでシャンプーの泡立ちがアップ。たっぷりの泡は、髪同士の摩擦を軽減してくれます。 地肌の数か所にわけてつける 一か所につけるより、一気に泡立ちます。指の腹で地肌をマッサージするようにやさしく洗いましょう。 すすぎは念入りに 耳の後ろからえり足、生え際などは残りやすいのでしっかりすすぎましょう。

シャンプー前に髪のもつれをササッととく 髪がもつれたままシャンプーすると、洗うとき無理な力がかかり、ダメージの原因に。 予洗いで泡立ちアップ 髪と地肌を十分に濡らすだけでシャンプーの泡立ちがアップ。たっぷりの泡は、髪同士の摩擦を軽減してくれます。 地肌の数か所にわけてつける 一か所につけるより、一気に泡立ちます。指の腹で地肌をマッサージするようにやさしく洗いましょう。 すすぎは念入りに 耳の後ろからえり足、生え際などは残りやすいのでしっかりすすぎましょう。


速く乾く!髪にやさしい!ハンドブローテク

速く乾く!髪にやさしい!ハンドブローテク

速く乾く!髪にやさしい!ハンドブローテク

速く乾かすって、ラクになるだけじゃなく、髪のためにも大切なことなんです。濡れた髪にブラシを通すと、摩擦が大きくなり、キューティクルもはがれやすくなります。ハンドブローで、髪にやさしく、パッとキレイに仕上げましょう。

毛先からポンポンタオルドライ 速く乾かすために、水分をしっかり取りましょう。髪をこすりあわせるとキューティクルが傷みやすいので注意。 根元からジグザグに乾かす 根元から速く乾かすために指を小刻みに動かしながら風を髪の内側に送りこみます。 頭に巻きつけるように乾かす 頭の丸みにそって髪を巻きつけるように、襟足の方から毛先に向かって手グシを通しながら乾かします。 円を描くように毛流れを整える 内側から指を入れて、外側に円を描くように毛先に向かって指を通し、指の動きにそうようにドライヤーを当てて仕上げます。

毛先からポンポンタオルドライ 速く乾かすために、水分をしっかり取りましょう。髪をこすりあわせるとキューティクルが傷みやすいので注意。 根元からジグザグに乾かす 根元から速く乾かすために指を小刻みに動かしながら風を髪の内側に送りこみます。 頭に巻きつけるように乾かす 頭の丸みにそって髪を巻きつけるように、襟足の方から毛先に向かって手グシを通しながら乾かします。 円を描くように毛流れを整える 内側から指を入れて、外側に円を描くように毛先に向かって指を通し、指の動きにそうようにドライヤーを当てて仕上げます。

毛先からポンポンタオルドライ 速く乾かすために、水分をしっかり取りましょう。髪をこすりあわせるとキューティクルが傷みやすいので注意。 根元からジグザグに乾かす 根元から速く乾かすために指を小刻みに動かしながら風を髪の内側に送りこみます。 頭に巻きつけるように乾かす 頭の丸みにそって髪を巻きつけるように、襟足の方から毛先に向かって手グシを通しながら乾かします。 円を描くように毛流れを整える 内側から指を入れて、外側に円を描くように毛先に向かって指を通し、指の動きにそうようにドライヤーを当てて仕上げます。

ドライヤーの熱から髪を守るコツ

髪との距離は15㎝~20㎝をキープ!
100℃を超えるドライヤーの熱から髪を守りましょう。

  • 製品ラインナップ

    製品ラインナップ

    製品ラインナップ

  • キューティクルケアのはなし

    キューティクルケアのはなし

    キューティクルケアのはなし

Share to Facebook Share to Twitter More...
ページ先頭へ戻る