カスタマーと共に感動する
会社をめざして。

代表取締役 社長執行役員
竹内 俊昭

花王の原点は”よきモノづくり”

花王は130年以上の長きにわたり、一貫した“よきモノづくり”を通して、多くの皆さまからご支持をいただいてきました。“よきモノづくり”は花王グループの原点であり、社員ひとりひとりの原動力です。「清潔」「美」「健康」の分野でさらに活動の範囲を広げ、今までも、そしてこれからも、人々の「豊かな生活文化の実現」に貢献する会社でありたい。花王グループは、そんな想いを込めて“よきモノづくり”を進めています。

花王グループカスタマーマーケティングの役割

“よきモノづくり”は、商品を開発、生産するだけでは完結しません。それぞれの商品が持つ機能と価値を消費者にお届けし、実際にお使いいただき満足していただくまでが、“よきモノづくり”の活動の領域となります。すなわち、小売業の皆さまと協働して商品を販売する花王グループカスタマーマーケティングは、花王と消費者をつなぐ“よきモノづくり”の最終ランナーとしての重要な役割を担っているのです。

カスタマー満足No.1をめざして

花王グループカスタマーマーケティングにとってのカスタマー(顧客)とは、商品をお使いいただく消費者の皆さまと、商品をお取り扱いいただく小売業の皆さまのことです。カスタマーの喜びや共感の声こそが、私たちの喜び、感動であり、新たな“よきモノ”を創り出そうとするエネルギーになります。「消費者起点」と「現場主義」の行動原則に基づいた提案型営業活動を通して、消費者の皆さまと小売業の皆さまから一番の支持と信頼を得る、“カスタマー満足No.1企業”となることをめざしています。

自ら変わり、そして変化を先導する企業へ

現在、私たちを取り巻く環境は大きく変化し続けています。たとえば、外国人観光客やシニア世帯、働く女性が急増するなど、日本の市場構造はこの数年で大きく変化しました。消費者のライフスタイルもスマートフォンやSNSの急速な浸透、AIなどを活用した新しいツールによる変化が生じ、その中で消費者とのタッチポイントは実店舗や既存のメディアにとどまらず、多様化しています。このような環境や人々の変化に対応した“よきモノ”をいち早く開発し、そして、市場の変化に対応した売り場・売り方提案を通して商品の機能・価値を素早く正確にお伝えし、消費者の皆さまに“よきモノ”と感じていただくために、私たちは、変化を先取りした取り組みを加速させ、新たな価値を創造する姿勢を持ち続けなければなりません。
新たな価値を創造するためには、常識にとらわれない新しい視点で物事をとらえ、幅広い知識やスキルを吸収しようとする意欲を常に持ち続けることが必要です。既存の情報に流されることなく、自ら調べ、学び、熱意を持って自分の意見を述べられる人。そして、責任を持って諦めることなく、真摯に取り組める人。そんな皆さんと議論を重ね、カスタマーと共に感動できる、これからの花王グループカスタマーマーケティングを作っていきたいと思います。
挑戦意欲のあふれる皆さんとの出会いを楽しみにしています。

Page Top