花王グループカスタマーマーケティングについて

花王グループの販売部門として

花王グループは、“よきモノづくり”を通じて「人々の豊かな生活文化の実現に貢献」することを使命としています。“よきモノづくり”には、「研究開発」「マーケティング」「生産」「物流」「販売」というプロセスがあります。花王グループでは、グループ各社・各部門が相互に連携し、このプロセスをつくり上げています。その中で、花王グループカスタマーマーケティング(KCMK※)
は、花王と消費者をつなぐ「販売」という最終プロセスを担っています。
※KCMK・・・花王グループカスタマーマーケティング株式会社(Kao Group Customer Marketing Co., Ltd.)の略称。

花王グループカスタマーマーケティングの役割

花王グループは、研究開発から消費者の手に商品がわたるまでの流れを一貫して行うことで、情報のスピード、質、量ともに他社にはない強みが生まれる体制をとっています。その中で、花王と花王グループカスタマーマーケティング(KCMK)は、マーケティングをはじめとする様々な機能間で連携をとり、つねに情報交換をしながら、ブランドを育て上げることに取り組んでいます。
KCMKの役割は、商品と消費者をつなぐ”小売業様の売場”で、ブランドの持つ価値を消費者の皆様に正しく伝えることです。具体的には、商品陳列、売場演出、プロモーション手法などを各小売業様の特性やニーズに合わせて提案。それを小売業様との協働で実現することにより、消費者にその商品を使って満足していただくことです。
このようにKCMKは花王と消費者をつなぐ”よきモノづくり”の最終段階という重要な役割を担っています。

Page Top